iPhone設定・使い方・Tips 5秒で写真を鮮やかに加工できるiPhoneの標準機能「自動補正」が超使える!

5秒で写真を鮮やかに加工できるiPhoneの標準機能「自動補正」が超使える!

iPhone設定・使い方・Tips

anju


色々な写真加工アプリをご紹介しましたが、もっと簡単に写真を綺麗に加工したい! という人におすすめなのが、iPhoneの写真アプリについている編集機能。

その中の「自動補正」という機能は、ワンタップで明るさ、コントラスト、彩度を調整して、写真を綺麗にしてくれるので、とっても便利です☆

自動補正で写真を綺麗に加工する

ではさっそく、自動補正機能を使っていきましょう。

こちらの写真を自動補正で綺麗に加工します。

iPhoneの写真アプリの編集機能を使うには、写真を表示した時の下部に出ているスライダーのマークをタップします。

すると写真の編集画面が表示されます。

下部には露出、彩度、コントラスト、シャドーを調節する機能が置いてあるのですが、そこには触らず、右上にあるペンのマークをタップ。

すると、写真がパッと明るく、華やかに加工されました!

各機能を調整してもこのように加工できるのですが、面倒な作業をワンタップで行ってくれるのがありがたい。

自動補正を使う時の注意点

こんなに便利な自動補正機能ですが、使う時は注意する点がいくつかあります。

それは「編集が上書き保存される」こと。自動補正だけでなく、iPhoneの写真アプリの編集機能での加工は、基本的に上書き保存。別の画像として保存することができないのです。

でも大丈夫。加工し保存した写真の編集画面をもう一度呼び出すと、右下に「元に戻す」の表示がされます。

ここをタップすれば、写真が加工する前の状態に戻るので安心してくださいね♩

簡単編集の自動補正機能を使ってみて

最後に、編集前の画像と、編集後の画像の比較を。

左が編集前で、右が編集後。こうして並べて見ると、綺麗さが違いますね。

手持ち花火の写真も加工してみましたが、一概に全ての写真を自動補正した方がいい、とは言えないですね。

暗い場所で撮った写真の場合は、自動補正の効果が分かりやすい。

簡単な機能なので、ぜひ使ってみてくださいね!

【関連記事】

試してみて!iPhoneの標準カメラアプリを使って桜を綺麗に撮る方法5つ♡
【前編】これだけの加工ができる!iPhoneの標準カメラアプリで使える画像の編集機能
【後編】これだけの加工ができる!iPhoneの標準カメラアプリで使える画像の編集機能

関連記事