isuta

写真に光を加工でプラス。おしゃれな自然光を入れられるカメラアプリ4選

写真に光を加工でプラス。おしゃれな自然光を入れられるカメラアプリ4選

まとめ

isuta編集部(スマホ)


この記事のINDEX

フィルムカメラの質感と同じような感じで、写真に光を入れられるアプリが最近よく使われていますね!

ではどんなアプリでその加工ができるのか? 調べてまとめてみましたよ☆

PicsArtの「アートレイヤー」

まず最初にご紹介するアプリは「PicsArt(ピクスアート)」のアートレイヤーというエフェクト。

このエフェクトの中で使うのは[ライト]と[ネオン]。これを使うと…

▼ネオン>>スピード

▼ライト>>炎

タイムラインやフィードで、はっと目に止まるような写真に加工できました!

ピクスアートで加工できる光の具合は、ナチュラルというよりは人工的な感じ。ですがもちろん強弱の調整ができるので、それ次第では自然な加工ができるかもしれません♩

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

Rookie Camの「ライトリーク」

次に使うのは「Rookie Cam(ルーキーカム)」というアプリの、「ライトリーク」という機能。

加工したい画像を開いたら、[虹色の円]→[ライトマーク]をタップします。

するとライトリークの機能を使って加工した場合の、写真のイメージが一覧で表示されます。

全部使いたいな〜と思うところですが、01〜06番までは無料で使えて、それ以降の番号は有料のフィルターパックになっています。

▼ライトリーク>>05

縁に光が入っている感じが、フィルムっぽい!

加工の強さだけでなく、色調も変えられるので、いろんなシチュエーションの写真に合わせることができると思います♩

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

Lens Distortionsの「Luminary」

次は以前ご紹介したことのある「Lens Distoritions(レンズ ディストーション)」というアプリ。このアプリでは、色味はないけれど、写真を優しい雰囲気にしてくれる光を入れることができます。

おすすめは「Luminary(ルミナリー)」というフィルター。

▼Luminary>>05

朝の自然な光が入ってしまったような、柔らかな写真に仕上がりましたね♡

強さ、明るさの調整、カラー、コントラストなど色々と調整できるので、こちらもシーンに合わせて使うことが出来そうです。

一番最初に表示されるフィルターは無料ですが、追加で有料のフィルターを買うことも出来ますよ!

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

colorowの「虹フィルター」

太陽の光以外に、虹を入れることのできるアプリもあります。それが「colorow」という有料アプリ。

窓から差し込む光の形のフィルターをかけることも出来ますが、今回使うのは虹のフィルター。

ボックス型になっている虹の光を入れると、あまり色味がない写真でも、ぱっと明るくなりますね。

馴染みあるアーチ型の虹の光も入れることができるので、そこは写真のシチュエーション次第で変えていきたいところ。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

自然な光を加工でプラスしてみて!

私の一番おすすめは、「Lens Distortion」です。

ふわっと光が入ったような自然な加工ができるので、ぜひ使ってみてくださいね♩

【関連記事】

写真をパッとおしゃれに加工♡ ネオン文字を入れられるアプリ「NEON ME」が使える!
ワンタップでサイケデリックな写真に加工。アプリ「Glitche」のエフェクトが超おしゃれ♩
写ルンですの写真にひと手間でもっとおしゃれに。フィルム写真との相性抜群の加工アプリがおすすめ☆

関連記事