isuta

モデルとアイドルを両立♡ “えりちょす”こと郡司英里沙さんにライフハックを盛り込んだロングインタビュー!

モデルとアイドルを両立♡ “えりちょす”こと郡司英里沙さんにライフハックを盛り込んだロングインタビュー!

注目美女インタビュー

isuta編集部(スマホ)


雑誌「S Cawaii!!」専属モデルであり、アイドルグループ「Pimm's(ピムス)」のリーダーとしても活躍中の郡司英里沙さんは、元「egg」のモデルであり、”えりちょす”の愛称でも親しまれています。

でも、「egg」や「S Cawaii!!!」と正統派のアイドルって、あまり結びつかないイメージですよね。しかしそこに至るまでには4年という長い時間と、様々な紆余曲折の物語があったのです。

そんな郡司さんだからこそ、女の子みんなの悩みにも、ユーモアたっぷり、かつ的確な回答!

ダイエット、料理、肌ケアや薄メイクの仕方、さらに、インスタで使用しているアプリも惜しみなく披露してくださいました!

モデル、アイドル、どちらの姿も魅力的な郡司さんから、目が離せなくなること間違いなしです♡

--ギャルモデルさんから、アイドルという領域に踏み込もうと思ったきっかけはなんだったんでしょう?

郡司-いや、やろうとは思ってなかったんです(笑)。なんか、「歌好きだって言ってたよね、前に」って話になった時に、「オーディションあるから行ってくれない?」って。その時はまだ、何をやるか決まってなかったんですよ。

そこでとりあえず歌を歌ったあと半年くらい、もうオーディション受けたのもすっかり忘れてた頃に、「オーディション通ったよ」って(笑)。それで、受かった人たちで集まって、ギャルとアイドルの二面性を持ったグループがコンセプト、というユニットを組むことになったんです。とりあえずやってみようって。

--グループの方向性は今、変わってきていますよね。

郡司-うーん、元々いたメンバーが私以外みんなやめちゃって、なんかコンセプトがどこか消えちゃったんですよね(笑)。デビュー前にメンバーの卒業があって新メンバーが入ってきて、でもその子は全然ギャルじゃなかったんですよ。だからそもそもデビューした段階で、「コンセプト違くない?」って。今は2期生や3期生が入って、雑草魂だったり、全力感がテーマになってきています。

--リーダーとしてメンバーの脱退や加入を見守ってきて、今やっと安定して活動できるって書いているブログを拝見して、色々な葛藤の中で頑張って来られたんだと思いました。

郡司-ブログを見てくださったんですね! ありがとうございます! 今ツアーをやっているんですけど、それのファイナルが渋谷のO-EASTさんなんです。

--大きい会場ですね!

郡司-でも、それ以上に立ちたい会場がたくさんあるんです。だから少しずつでも段階を踏んで昇っていけたらいいなって思っています。

あと、「Pimm's(ピムス)」はまだ、CDを一般流通させたことがないんです。なのでそういうこともやっていきたいし、今回、東名阪ツアーを初めてさせていただいたんですけど、活動範囲も東京だけにとどめないで、名古屋とか大阪にも行きたいと思っていて。北海道にも沖縄にも、少ないですけど応援してくれる方はいるので、その方たちにもライブを見てもらえるように全国まわりたいっていうのはあります。

--モデルとアイドルでは求められる姿が違うと思うのですが、どんな風に切り替えをされていますか?

郡司-雑誌の時のメイクって、普段自分がしてるメイクと全く違うんですよ。でも撮影が終わって、その後にライブってことが結構あるんですけど、全部落とします(笑)! それで移動中にメイク直しをしてますね。だから、撮影の時の顔とライブの時の顔は、多分全然違うと思う。

--確かに、「S Cawaii!!」って、がっつりメイクをするイメージです!

郡司-その時の撮影のテーマによっては化粧が変わるので、つけまつげをする時もあるんですよ。でもそれは「Pimm's」ファンの人はみんな引いちゃうと思うので(笑)。

ダイエットは健康的に楽しくするのが1番♡

--前に、ダイエットの親善大使もされていましたし、すごく細くて羨ましいという声が多いですが、普段気をつけていることってありますか?

郡司-元々、運動が好きなんですよ。細いっていうか、実はけっこう筋肉がついてて、腹筋も割れるし、腕もぐって力入れたらボコって出るんですよ。

ダイエット目的でひとりで走ったこともあったんですけど、それだとやっぱり続かないので、今は仲良い子とみんなで走っています。中には走るのをお仕事にしている方もいるんですよ。だからその方にお話を聞きながら走ったり。やっぱり、走る、縄跳び、ストレッチとか有酸素運動が大切ですかね!

--どういうことに気をつけて走ると効果的なんですか?

郡司-ボイトレの先生に「上半身がブレずに歌えるようにするのがいい」って聞いたんです。だから最近は走りながら歌ってます(笑)。走りながら、上半身をブラさずに歌えるようになったらライブ中、楽になるよね! って思って。

--すっごく痩せそう!

郡司-やっぱり倍疲れますよね(笑)。でも歌が好きなので、不思議なんですけど、めっちゃ疲れてても歌い続けてるんですよ、ずっと。だから多分、好きなことを織り交ぜながら、走ったり運動をしたりすると続くんだろうなって。あとは、誰かと一緒にやることかな。

料理は見て覚えた⁉︎ 苦手な人でも作れる生大根料理がおすすめ!

--Twitterを拝見していたら、「♯郡司キッチン」というタグでたくさん料理をされていましたね。

郡司-料理は得意です!

--先入観なんですが、「egg」時代のお写真を見てから、お料理を拝見したので意外でした!

郡司-そうなんです(笑)。今だから言えるんですけど、「egg」にスカウトされた時って、雑誌に合わせて髪色を変えたり、つけまつげをしてたところもあったので、今の方が素に近いんです。料理は、「egg」で特集してもらったりしてました。

あと父子家庭だったので、小さい時からお弁当とか自分で作ってたんですよ。お父さんが元々料理人なんですけど、すごく厳しくて、「女の子は料理できないとダメ」って教え込まれたんです。料理してる時は絶対後ろに立って見てなきゃいけなくて、「卵!」「ハイ!」「包丁!」「ハイ!」みたいな(笑)。

--「メス!」みたいな(笑)。

郡司-小学校4、5年生くらいまで毎日それで(笑)。中学生に上がったくらいから自分で作るようになりました。だから切り方とかも、「こういう風にやるんだよ~」って教わってなくて、見ていたらいつの間にか出来るようになってました!

--料理が苦手な人でも作れるような、おすすめの簡単なレシピはありますか?

郡司-ダイエット親善大使の時も取り上げてもらったんですけど、生大根のお料理! 火を通さないのが栄養を崩さないポイントで、本当に切るだけなんですけど、便秘も解消するし、食物繊維やビタミンも豊富なんです。

自分の中でいちばん続いたのは、大根を輪切りにしてレタスとかお肉を挟んで食べる「大根サンド」! 意外となんでも合うので、好きなものを入れてください♪

--最近は「Instagram」のお写真をピンク系で統一されていますよね♪

郡司-え! すごい! 伝わってないかな~と思ってたからよかったです(笑)。

--時期によってブームが変わってるのかな? と思いました。

郡司-もうすぐ春だしなって。私、韓国が好きなんですよ! だから韓国で流行ってるアプリを日本で流行る前に調べるようにしてて。今けっこう使っている人もいると思うんですけど、ピンク加工で使っているアプリは「Analog film」っていうやつです。あと、ご飯を作ることが多いので、食べ物は「Foodie」っていうアプリで撮るようにしていたり。ふわふわしてるのが好きで、色合いとかを可愛くしてくれるので使っています♡

 

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆

 

目元以外を薄くするのが、ナチュラルメイクにシフトするポイント♪

--濃いメイクからナチュラルメイクに移るのって、すごく難しいと思うのですが……。

郡司-「egg」のメイクに慣れちゃってたので、めっちゃ苦戦しました!

--20代後半くらいから、メイクを薄くしたいなっていう方も多いと思うのですが、ナチュラルだけど盛れる! っていうものがあったら教えてください。

郡司-カラコンに関しては、縁がブラウンのものを使うようにしてます! 黒だと、カラコン! ってなっちゃうので、ふわ~っと(笑)。あと大きさも、ずっとDIA14.5を使ってたんですけど、今は14.0とか14.2とかを使うようにしてます。

--DIA14.5でナチュラルメイクをしてしまうと、カラコンが主張しすぎますよね。

郡司-不自然なんですよね(笑)。あとは、休みの日は裸眼でいるようにしてて。

化粧してる自分の顔に見慣れちゃうと、やっぱり薄メイクってできないと思うんです。「べつに裸眼でもいいじゃん」て、みんなもよく言われると思うんですけど、自分は化粧してる自分を見慣れてるから、すっぴんになった時、感覚的に「まじやばい!」って思っちゃうものなんですよ(笑)。だから、自分のすっぴんを見慣れるようにしてます! あとは、ファンデーションはしないです。

--え! 今もしてないんですか?

郡司-してないです! コンシーラーだけしています。アイメイクを薄くするのって、すごい勇気いるじゃないですか? だから、目以外の箇所から薄くしていって。他が薄いのに目元だけ濃いと、不自然になっていくんですよ。そうやって徐々に、「あれ? これ、アイメイクも薄い方が合うかも」っていう繰り返しで、気づいたら薄くなってました!

絵を描くのが趣味。ボールペン1本でスラスラ描ける!

--絵を描くのが趣味と伺ったのですが、いつ頃からどんな感じで描かれているんですか?

郡司-小学校1、2年生くらいの時、漫画家になりたいなって夢があって、いっつも自分で休み時間に4コママンガ描いたりしていました。

フィリピンにいた時から絵を描くのがすごく好きだったみたいで、ポケモンの絵とか描いてたんですよ。自分の好きなアニメの絵を模写するのが好きで、今も、「ONE PIECE」が好きなので、アニメのキャラクターを描いたりとか、昔だと「ドラゴンボール」を描いてたりとか。

--少年漫画系がお好きなんですね! 最近描かれた絵でお気に入りはありますか?

郡司-この前ポリープの手術をしたんですけど、入院中暇すぎて「君の名は。」とか、ずっと絵を描いてました! やることないと、一生、描いちゃいますね(笑)。そんなに、絵を描こう! って思って描かずに、ボールペン1本でなんとなく描くことが多いです。

 

 

--Pimm'sのチラシやポスターも描かれているんですか?

 郡司-はい! 模様を描いたりするのも好きかも。

--何かを参考にして描かれているんですか?

郡司-そういう時もあるんですけど、ぼーっとしながら描くことが多いです。なんかまる描いて、ちょんちょんってやって三角描いてってやってって、それが気づいたら柄になってます。

味ぽん愛が止まらない!マイ味ぽんはいつもカバンの中に♡

--他に、最近ハマっているものとかマイブームってありますか?

郡司-ずっとハマっているのは、ポン酢! 刺身にもポン酢をつけるし、お米にもかけて食べます! 牛丼屋さんに行ったら、タレかけないでくださいって言ってポン酢かけます。たこ焼きもポン酢で食べるし、お好み焼きもポン酢で食べるし。パスタにもかけちゃうんですよ。それは、メンバーにも引かれました(笑)。

ライブの合間はコンビニ食が多いんですけど、たまたまクリームパスタ買って、ポン酢をかけてたら「え! まじありえないんだけど!」って(笑)。

--お気に入りのポン酢があったりするんですか?

郡司-味ぽんですね!(笑)。すだちとか、色々あったりするんですけど、やっぱり味ぽん! コンビニに小さいサイズが売ってるので、忘れた時は買います(笑)。この間の遠征先でも切らしちゃって、コンビニにも売ってなくて、ひとりでBAD入ってました……。

郡司英里沙さんからのメッセージ

今「Pimm's 」のツアーをしていて、5月5日がファイナルになるんですけど、今まで単独ではやったことない、渋谷O-EASTでライブをさせて頂きます。モデルとしてはイベントでいっぱい立ってきた場所なんですけど、アイドルとして立つのは初めてで、今の自分たちの実力でどれくらい人を呼べるのかっていうのもプレッシャーだし、ファイナルを成功させることで次もあるじゃないですか。見てくれてる人や、対バンでお世話になっているイベンターさんとかにも、「Pimm's、ここまで成長しました!」っていうのを見せられるようにしたいです。あと「Pimm's」としても私としても、活動は4周年を迎えるんですけど、最初の2年間は「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出ることが目標で、出られない2年間がすごく悔しくて。去年はイベントを通して勝ち残れて出ることができたので、今年も頑張って出たいです! 今後の「Pimm's」の活動の幅が5月5日にかかってるなって思うので、これを読んでいる方もぜひ観に来てくれると嬉しいです♪

郡司英里沙 PROFILE

郡司英里沙(ぐんじ・えりさ)

1993年6月26日生まれ O型

日本とフィリピンのハーフモデルとしてギャルファッション誌「egg」でデビュー。その後「S Cawaii!!(主婦の友社)」専属モデルを続けながら、アイドルグループ「Pimm's」唯一の初期メンバーかつリーダーとして、メンバー脱退などの困難にも真正面から向き合ってきた。ふんわりとした可愛らしい見た目からは想像できないほど、まさに“全力疾走”“限界突破”というキーワードがふさわしい熱い想いを持つ活動姿勢は、モデル、アイドルの垣根を超えて支持されている。運動や料理による自己管理も得意というしっかり者の一面も持つ。5月5日には「Pimm's」ツアーファイナルとして、渋谷O-EAST公演が控えている。Pimm's公式HP https://www.pimmsofficial.com/

PHOTO:金 壮龍/文章:馬塲言葉

関連記事