iPhoneの設定・使い方 【iOS 10】Apple Musicのデザインが新しくなった!好きな音楽との出会いがもっと楽しいツールです

【iOS 10】Apple Musicのデザインが新しくなった!好きな音楽との出会いがもっと楽しいツールです

iPhoneの設定・使い方

anju


iOS 10のApple Musicはデザインを一新し、以前より格段に「自分の好きな音楽」の再生がしやすくなりました。

しかし耳馴染みのある音楽もいいけれど、やっぱり「新しい音楽にも出会いたい!」という方へ、iOS 10でのApple Musicのオススメの使い方をご紹介します♪

Apple Musicを使ったことのない人、そして初心者、上級者も必見です。

【関連記事】
歌詞の表示も可能になった!デザインが一新されたミュージックアプリ♪
【iOS 10】Apple Musicで曲をシャッフル・リピートする方法

Apple Musicは新しいアーティストと会わせてくれる

[見つける]では主に新着の音楽、ビデオ、ランキングなどが紹介され、全く知らない曲も多数"見つかる"ことでしょう。

今のシーズンだとクリスマスまでもう少しということで、みんなで楽しめるクリスマスミュージックのプレイリストも複数公開されており、このプレイリストから新しい音楽に出会うことも可能♪

そして[新着ミュージック]をタップすると、ページの1番下にニューアーティストが表示されます。ジャケットの下に、それぞれのアーティストの簡単な紹介文が書いてあるのでそれを読んで聴いてみるもよし、ジャケットで選んで聴いてみたり、とりあえずひと通り聴いてみるのもアリですよ♪

Apple Musicが作成する「Aリスト」

ちなみに「Aリスト:◯◯」は今チェックすべき曲が週1回ペースで更新されていくので、自分が好きなジャンルのAリストは随時チェックしておくと、しっくりくる曲と出会えるかもしれません。

ジャンルごとのエキスパートなCuratorもチェック

Apple Musicでは、「ROCKIN'ON JAPAN」や「Shazam」など、ジャンルごとのエキスパートキュレーターもいます。

ロックだったらROCKIN'ON JAPANが最旬のロックアーティストのプレイリストをご紹介!流して聴いているだけで、新しいロックと出会えたりします。

Apple Musicで「はじめての◯◯」シリーズを聴く

[For You]は"ラブ"した曲や好きなジャンルを中心に、「これも好きなんじゃない?」という曲をオススメしてくれる機能。アーティストプレイリストには「はじめての◯◯」というプレイリストもあり、好きなジャンルをさらに開拓したい!という人にオススメ。

"ラブ"をすればするほど、好きかもしれない曲の紹介の精度が上がるので、たくさん"ラブ"するのをオススメします♡

[Radio ステーション]は季節の音楽を流しっぱなしで♪

きっと1番使う機会が少ないであろう[Rado]ですが、延々と音楽を流し続けたい時にとっても便利。

あくまでもラジオなので、プレイリストのように決まった音楽が流れるわけではありません。特に特集ステーションでは、小さなお子さんがいる親御さんや、パーティーで雰囲気のある曲を流し続けたい時にピッタリ!

今だとジャンルごとのクリスマスソングを聴くことができます。

他にもApple Musicには音楽と出会うための使いやすい機能がたくさんあるので、実際に操作してみて、多くの機能を自分が使いやすいように使いこなしてくださいね♪


関連記事