isuta

iPhoneの設定・使い方iPhone 7/7 PlusではAssistiveTouchが欠かせない。オススメのカスタマイズ3選と必須設定!

iPhone 7/7 PlusではAssistiveTouchが欠かせない。オススメのカスタマイズ3選と必須設定!

iPhoneの設定・使い方

2016/11/19
anjuanju


この記事のINDEX

iPhone 7/7 Plusに変えてからというもの、AssistiveTouchが便利すぎて手放せない。

そこでAssistiveTouchでは何ができるのか?改めて確認してみようと思います。

AssistiveTouchってなに?

AssistiveTouchは簡単に言うと、iPhone画面上に置ける"仮想ホームボタン"のこと。

iOS 5からの新機能でiPhone 7/7 Plus以前の端末の際には、ホームボタンの故障を防ぐことも可能です。

うまくカスタマイズすればAssistiveTouchひとつで、iPhoneの操作がとても簡単になる機能なんですね♪

 

AssistiveTouchでできること

そんなAssistiveTouchでは具体的に何ができるのか?

  • ホームに戻る
  • 通知センターの呼び出し
  • デバイス
  • Siri
  • コントロールセンターの呼び出し
  • 画面ロックのON/OFF
  • 画面を回転
  • 音量を上げる/下げる
  • 消音のON/OFF
  • ジェスチャ
  • トリプルクリック
  • シェイク
  • マルチタスク
  • スクリーンショット
  • 画面の向きをロック
  • ピンチイン/アウト
  • 3D Touch
  • ダブルタップ
  • 診断

思っているよりも多くのことができるんですね!

AssistiveTouchは最大で8つの機能をカスタマイズすることが可能ですよ。

 

オススメカスタマイズ①

最初のオススメカスタマイズは機能を1つだけにすること。

私は主にスクリーンショットの機能を使用するので、今回はこの機能をカスタマイズしました!

1つだけにすると、「AssistiveTouchを押す=(この場合だと)スクリーンショットが撮れる」ことになるので、実質、通常のスクリーンショットの撮り方より早いですね。

 

オススメカスタマイズ②

次のオススメは機能3つ。ホームボタン、マルチタスク、スクリーンショットを入れるのがベストかと思います。

3個は人がギリギリ記憶できる数なので、操作にもたつかず、スムーズに機能を使用できますよ。

 

オススメカスタマイズ③

3つ目のオススメは、3D Touchのみのカスタマイズ。

通常AssistiveTouchだと操作ミスで押してしまうことがある、という人はグッと押し込まなければ反応しない3D Touchアクションに「ホーム」や「スクリーンショット」を設定しておくのがオススメです。

 

邪魔だと思った時にAssistiveTouchをON/OFFできる設定もしておこう

ちなみにiPhoneにはホームボタンのトリプルクリックで、操作をショートカットできる機能も付いているのですが、このトリプルクリックでAssistiveTouchのON/OFFが出来るようにしておくとさらに便利です。

[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→[ショートカット]で設定可能です!

この時、[アクセスガイド]をOFFにしておくのも忘れずに。

ショートカットの設定を終えた後、AssistiveTouchのカスタマイズを「トリプルクリック」のみにしておくと、不要な時にワンタップでOFFにすることができます!

残念ながらONにするにはホームボタンをトリプルクリックしなければいけませんが…。

AssistiveTouchは慣れるとかなり便利なので、iPhone 7/7 Plusの感圧式ホームボタンが苦手な方は設定するのをオススメしますよ♪

関連記事