お役立ち Lightning接続で聴く音はどうか?実際に使ってみた!

Lightning接続で聴く音はどうか?実際に使ってみた!

お役立ち

anju



iPhone 7/7 Plusよりイヤホンジャックがなくなり、Lightningコネクタから音楽を聴く、もしくはBluetoothイヤホン使用で音楽を聴く、2つの選択肢が生まれました。

Appleから発売されるAirPodsはもう少し先のことなので…

まずはイヤホンジャックからLightningコネクタへの接続に変わったことで、音質に変化はあったのかをレビューしていきます。

Lightning接続のEarPodsは“響きが良い”

iPhone 6sに付属していた純正イヤホンと聴き比べて、響きがよくなったように感じました。

しかしこの“響きの良さ”はくせ者で、響きが良い=音が良いではないんですね。

むしろ以前に比べてジャカジャカ感が増し、周囲への音漏れも気になるように。ライトに音楽を聴きたい方は十分かもしれませんが、より深く音楽を聴きたい方には物足りない“響き”かもしれません。

変換アダプタを通して聴く音も大差なし

次に新しく付属している変換アダプタを使って、iPhone 6sのイヤホンで音楽を聴いてみました。

言わずもがなという感じではありますが、LightningコネクタがついたEarPodsで聴く音と変わりはありませんでした。

Apple製品同士なので違和感がないだけなのかもしれませんが…

純正イヤホン以外で聴いてみた

わたしは純正イヤホン以外を持っていないので、純正イヤホン以外を使用している方に、変換アダプタを使って音楽を聴いてもらいました!

そもそもAppleの純正イヤホンも単体で購入すると3,200円(税別)の価格なので、それ以上の価格のイヤホンで聴いてもらったところ…

  • こもって聴こえる
  • シャカシャカ音がする
  • 中~低音が弱い

との意見に固まりました。

純正イヤホンを使用している人は、わざわざ聴き比べないと違いが分かりづらいけれど、良質な音楽が聴けるイヤホンでは、音の違いにひっかかってしまうようですね。

iPhone 7/7 Plusへの買い替えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

▼“iPhone 7 イヤホン”に関する記事はこちら


関連記事