isuta

アプリiMessageの新機能が楽しすぎる!手書き、スタンプ、エフェクトなど、秋の配信が待ち遠しい☆

iMessageの新機能が楽しすぎる!手書き、スタンプ、エフェクトなど、秋の配信が待ち遠しい☆

アプリ

2016/07/21
iphonegirlisuta編集部(スマホ)


この記事のINDEX

画像元:Apple

ロック画面のプレビュー記事に引き続き、今回はiMessageを使ってみました!

【関連記事】iOS 10の新機能をざっくりとご紹介!iPhoneを使うのがより楽しくなる機能が満載でした♪

 

手書きのメッセージがとにかく楽しい

今までなかったのが不思議なくらい、使い馴染む"手書き機能"。

iPhoneを横向きにすると、手書きが出来るようになります!

縦向きのままでは使えないので、注意してくださいね。

テキストだけでなく、絵や地図をかいたり、表現の自由度が高くて、使うのが楽しい♪

 

絵文字対応の英語が、簡単に絵文字に変換できる

英語でやりとりをする人にとって便利なのが、この機能。

絵文字に対応している英語を入力すると、ワンタップで絵文字に変換することができます☆

英語キーボードで文字を入力してから、絵文字キーボードに切り替えます!

すると、絵文字に対応している英語(この場合はangry)がオレンジ色に光るので、その英語をタップ。

変換可能な絵文字の候補が。絵文字に変換して、そのまま送信♪

キュートな印象のメッセージになりますよ。

 

iMessageでスタンプコミュニケーション

LINEのような"スタンプ"が、iMessageでも送れます。

iMessage内にある「Store」をタップし、使いたいスタンプをダウンロードして、使います。

ダウンロードしたスタンプは、単体で送ることも出来ますが、すでに送った写真の上にぺたっと貼りつけることも!

編集までは手間だけど、ちょっと画像をおしゃれにしたい、という時に使えるのは便利ですね。

 

メッセージにリアクションをしよう

返信をするまででもないけど、なにかしら反応しておいた方がいいかも…という時には、この新機能が便利!

これ、結構使ってしまいそうです。

送った、または送られてきたメッセージや写真、スタンプを長押しで、リアクション候補が表示されます。

選んだリアクションはいつでも変更できるとあって、気軽に使えるところもいい!

「笑」や「?」など、バリエーションにも富んでいて、使いやすいですね♪

 

iMessage画面のまま、画像の選択、撮影ができる

メッセージのやりとりをしてる途中に画像を送ろうと思い、フォトライブラリを遡っていたら、直前のやりとりの内容を忘れてしまった!ということありませんか?

画像の選択を中断するのは面倒だな~、と思っていたんです!

トーク画面を開いたまま、画像の選択や、撮影まで出来るのはありがたいですね。画面は少し狭いですが、許容範囲。

全画面表示の切り替えもきちんと出来るので、やっぱり全画面で画像選択、撮影がしたいという方もご安心を!

※フォトライブラリの文字がうまく表示されていませんが、今回使っているのはパブリックベータ版なので、秋の配信時には修正されていることと思います。

 

エフェクトをつけて、やりとりをもっと楽しく!

そして1番注目したい新機能「エフェクト」!

何にエフェクトをつけて、どう面白いのか、GIFでご覧ください。

メッセージ自体にエフェクトをつける「吹き出し」と、特定のメッセージを表示しているページ全体にエフェクトをつける「スクリーン」の2種類があり、どちらも面白い!

やたらと使ってしまいそうですね(笑)

エフェクトをつけるには、メッセージや画像を選択した後、送信ボタンを長押し。

そこで「吹き出し」4パターン、「スクリーン」5パターンから、つけたいエフェクトを選びます!

どのエフェクトをつけようかな~と選ぶのがひたすら楽しいです♪

 

iMessageの新機能はいかがでしたか?

どれも今秋の配信が待ち遠しくなるほど、使って楽しい機能ばかりですよね!

 ※秋の配信時にはデザインや使い方など、異なっている可能性があります。

関連記事