isuta

アプリ割れたままでは危険!液晶ガラスの応急処置に『スマホの絆創膏』

割れたままでは危険!液晶ガラスの応急処置に『スマホの絆創膏』

アプリ

2016/04/16
aizawamaiko相澤マイコ


スマホの液晶ガラスが割れたまま使っている人、結構多いですよね。

でも、そのまま使っていると、破片で耳や顔を切ってしまったりして危険です。

今回は、割れたスマホの応急処置に使えるフィルムを紹介します。

画像元:スマホバンク

画像元:スマホバンク

『スマホの絆創膏』は、液晶ガラスが割れてから貼る保護フィルムです。

特殊なフィルムを使って、本体側面まで覆うように貼り付けることで、ガラスの破片がこぼれないようにします。

画像元:スマホバンク

画像元:スマホバンク

サイズは166×90mmで、5.7インチまで対応。自分のスマホにあったサイズに切り貼りして使えます。

iPhone6Plusは5.5インチなので、大きめのスマホでも大丈夫ですね。

画像元:スマホバンク

画像元:スマホバンク

柔軟性のある特殊なフィルムが、ヒビや凸凹を滑らかに保ち、気泡ができにくい仕様。

表面は低反射で指紋がつきにくいサラサラタイプとのことです。

画像元:スマホバンク

画像元:スマホバンク

液晶ガラスは、割れたまましばらく使えていても、突然操作できなくなって修理に出すケースも多いそう。

機種変や修理に出すまでの間の応急処置として『スマホの絆創膏』でカバーしておくというのも手かもしれませんね。

発売は4月21日予定、希望小売価格は980円(税抜き)からとなっています。

参照元:スマホバンク/スマホの絆創膏

関連記事