isuta

【iOS 9.3】日の入りに合わせて画面を暖色系にしてくれる「Night Shift」モードを使おう!

【iOS 9.3】日の入りに合わせて画面を暖色系にしてくれる「Night Shift」モードを使おう!

iPhoneの設定・使い方

海老名 久美


この記事のINDEX

 iOS 9.3で追加された大きな機能のひとつに、「Night Shift」モードがあります。「Night Shift」モードとは、日の入りと日の出の時刻を位置情報から自動的に検知して、画面を暖色系に変えてくれる便利な機能です。

iPhoneの画面から、一日中、同じ強さの光が出ていると、目が疲れてくるということで、以前から「明るさ」自体を調整している人も多かったと思います。

「Night Shift」モードでは、明るさのみを抑えるのではなく、ブルーライトの光を抑えて、画面の色が暖色系の色味に変更されます。

「Night Shift」モードを設定する

「Night Shift」モードは、設定アプリの[画面表示と明るさ]→[Night Shift]で設定します。

[時間指定]をオンにします。

夜間には、自動的に「Night Shift」モードにしたい場合は、[日の入から日の出まで]をオンにします。位置情報から、所在地の日の入りと日の出を自動的に検知してくれます。

「Night Shift」モードにする時間帯を、自分で設定したい場合は、[カスタムスケジュール]をオンにして、[オンにする時刻]と[オフにする時刻]を指定します。

これで、設定した時間または、日の入り時刻になると、自動的に「Night Shift」モードに切り替わります。

画面下部から上部に向かってスワイプすると表示される「コントロールセンター」で、最下部の中央に表示されているアイコンをタップして、「Night Shift」モードを手動で切り替えることもできます!

パソコンの液晶画面の場合、部屋の明るさ(蛍光灯なのか白熱灯なのかなど)に応じて、「色温度」というのを調整して、目が疲れにくいように調光できるのですが、iOSデバイスには、そのような機能はありませんでした。それに近い調光機能が、iOS 9.3で追加されたということです。

デフォルトの設定では、画面が黄色くなりすぎる感があるので、気になる人は、スライダーを「冷たく」側に移動させて微調整を行うことをお勧めします。

関連記事