私の“好き”にウソをつかない。
HOMEライフスタイル1日分60円で子どもたちの食事の支援アプリ「ShareTheMeal」で自分にできることから始める

1日分60円で子どもたちの食事の支援アプリ「ShareTheMeal」で自分にできることから始める

ライフスタイル

2015/12/02
kumiab海老名 久美

飢餓に苦しむ子どもたちに食事を届けることを目的とした、国連世界食糧計画(WFP)というものがあります。

このアプリを知るまで、恥ずかしながら、このような計画があることを、私は知りませんでした。

そんな私でも、画面を数タップするだけで、寄付ができる素晴らしいアプリが「ShareTheMeal」です。

60円の寄付で、子どもの1日分の給食になるのだそうです。

ShareTheMealのトップ画面に表示される「Share The Meal」というアイコンをタップすると、Safariが起動して、寄付をするための画面が表示されます。

1日分から1年分まで、寄付の種類が表示されるので、目的の金額をタップします。

初回は、支払い方法を登録する必要がありますが、いったん登録すれば、その後は、確認画面が表示されるだけなので、ほんの2タップで寄付まで完了します。

完了画面から、ShareTheMealについてSNSでシェアすることもできます。

アプリに戻ったら、プロフィール画面で、自分が食事をシェアした日数などの詳細を確認できます。

通知をオンにしておくと、寄付を習慣にすることができますよね!

私もまだ、寄付を始めたばかりですが、こういう寄付は、むりのない範囲で、継続していくことが大切なのかなと思います。

子どもたちの笑顔のために、未来のために、ShareTheMealで、自分にできることを少しずつできたらいいのではないでしょうか。

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆