iPad 【iOS 9】iPadの画面を分割できる『Slide Over』と『Split View』が超使える!

【iOS 9】iPadの画面を分割できる『Slide Over』と『Split View』が超使える!

iPad

かみーじょ


iOS 9の新機能で、iPadも格段に使いやすくなりました!

中でも、個人的にお気に入りな『Slide Over』と『Split View』という2つの新機能をご紹介します!

前のアプリにすぐ戻れる『Slide Over』

今使っているアプリを離れることなく、もう1つのアプリを使うことができるのが『Slide Over』です。

例えば、Safariを使っている時に画面を左へスワイプしてみると……。

右側にアプリのアイコンが出現します。

出るのはメール、FaceTime、マップなど『Slide Over』に対応しているアプリのみです。

試しにカレンダーを選択してみました。

するとカレンダーで予定を手軽にチェックできます♪

使い終わったら右スワイプでカレンダーを閉じます。すると先ほど使っていたSafariにすぐ戻れるのです!

『Slide Over』は、1つずつ別々にアプリを使いたい時に便利です。

2つのアプリを同時に使える『Split View』

今度は、2つのアプリを同時に使える機能『Split View』です。

まずは、先ほど紹介した『Slide Over』で右側に1つのアプリを起動します。(今回はマップアプリ)

そして境界線をぐぐーっと中央へと動かします。

するとSafariとマップが画面半分ずつに収まり、2つのアプリをアクティブ状態にできます!

ですので、ネットで気になるお店を見つけたら、マップで場所の確認……という感じで2つの作業を同時にこなすことができるのです♪

これは本当に便利!!

対応機種はこちら

残念ながら2つの機能は全てのiPadで使えるわけではありません。

『Slide Over』はiPad Pro、iPad Air以降、およびiPad mini 2以降で利用可能。

『Split View』はiPad Pro、iPad Air 2、およびiPad mini 4で利用可能です!

iPadの大きな画面を活かした、とっても便利な機能ですよね!

iPadユーザーの方はぜひお試しください。


関連記事