iPhone News Apple、iPhone 6/6 PlusでiOS 8.0.1にアップデートしてしまった場合のリストア方法を公開

Apple、iPhone 6/6 PlusでiOS 8.0.1にアップデートしてしまった場合のリストア方法を公開

iPhone News

海老名 久美


日本時間9月25日未明にダウンロードが開始された、iOS 8初のアップデートであるiOS 8.0.1ですが、iPhone 6/6 Plusにインストールしてしまうと、携帯電話のネットワークにつながらなくなり、電話ができなくなったり、Touch IDが使えなくなったりするという問題が発生し、ただちにダウンロードが停止されました。
それでも、数時間はダウンロードができたため、iPhone 6/6 Plusでもアップデートしてしまった人は大勢いるようです。

問題の解決策は、iOS 8に戻すという方法しかありませんが、その方法がAppleのWebサイトで公開されました。

執筆時点では、英語版しか公開されていないようですので、手順を書いておきますね。

注意点は、

  • MacまたはWindowsのパソコンに、最新バージョンのiTunesをインストールしてあること

です。

1.iPhone 6/6 Plusをパソコンに接続します。

2.iTunesで、iPhoneのバックアップを取ります。iCloudのバックアップでは、iOS 8を含めて以前のバージョンに復元することはできません。

3.「Loss of cellular service or ability to use Touch ID after updating to iOS 8.0.1 on iPhone 6 or iPhone 6 Plus」のページから、iPhone 6またはiPhone 6 Plusの対応ファイルをダウンロードします。

4.Macの場合は、Optionキーを押しながら、Windowsの場合は、Shiftキーを押しながら、iTunesのiPhoneの概要ページにある[アップデートを確認]ボタンをクリックします。

やったことがないと、ここが分かりにくいかもしれません。

5.ファイルの選択ウィンドウが表示されるので、3でダウンロードしたファイルを選択し、[開く]をクリックして、[更新]をクリックします。

この問題を修正した、iOS 8.0.2の準備も進められているとのことです。


関連記事