iPad ピンチ!容量がパンパンなとき、使用容量をダイエットするコツ・その2

ピンチ!容量がパンパンなとき、使用容量をダイエットするコツ・その2

iPad

isuta編集部(スマホ)


Appストアで購入したアプリは同じAppleIDからなら再ダウンロードができます。

この機能を利用して、iPhoneやiPadの容量がいっぱいになったらあまり使わないアプリを削除してしまいましょう。

使わないアプリを削除する

iPhoneからアプリを削除すると、同時にすべてのデータも削除されます。ただし、これはiPhone上のデータという意味です。Evernoteのようなクラウドにデータがあるタイプのアプリの場合、本データは消えません。iPhone上にある情報、具体的にはヘッダやサムネイルなどが削除されます。

一度ダウンロードしたアプリは分かりやすく表示

iPhone上から削除されたアプリを再ダウンロードする手順は通常のアプリのインストールと場合と同じです。アプリの購入画面では、値段ではなくクラウドの雲のアイコンが表示されるのでタップして作業を進めてください。違うAppleIDでiPhoneを使っていたとしても、一度サインアウトした後に購入時のAppleIDでサインインすればOKです。

【関連記事】

ピンチ!容量がパンパンなとき、使用容量をダイエットするコツ・その1


関連記事