アプリ 【Tengami攻略第1回】夜の章・その1~チュートリアルなのにいきなり難しいよ!?

【Tengami攻略第1回】夜の章・その1~チュートリアルなのにいきなり難しいよ!?

アプリ

isuta編集部(スマホ)


先日ご紹介したイギリス発の日本神話アドベンチャーゲーム「Tengami」が楽しいです。
前評判通り、日本人からみても違和感がないどころか、いかにも日本的に思える雰囲気がとっても素敵♪

海外から見た「日本的なもの」って、忍者などもそうですが「コレジャナイ」感の強いものが少なくありませんが、Tengamiは日本人クリエイターも参加しているだけあって、さすがという印象☆

でね――
素敵なんだけどっ!
だけどっ!!!

そう、このゲーム、謎解きがけっこう難しいんです。
雰囲気にひたって「飛び出す絵本」の世界を楽しんでいると、いきなり壁にぶち当たって先に進めなくなっちゃいます。(T^T)

謎解きゲームとしては正道を歩んでいるのでしょうが、「絵や世界観は好きだけど、ゲームは苦手」という人には厳しいですよね。
というわけで、iPhone女史編集部ではTengamiの攻略記事を連載しちゃいます♪

もちろん、ネタバレ全開なので「謎は自力で解くよっ!」という人はご注意くださいね。

夜の章、序盤はほぼチュートリアル

さて、ではさっそくTengamiのプレイを始めてみましょう。

最初は操作方法の説明があります。

スライドすることで飛び出す絵本のページがめくれる様などは、かなりリアルに再現されています。
このギミックはおもしろいですね~☆

謎解きに関しては、基本ルールはひとつ。

「光っているところに注意しよう!」

というもの☆

操作が可能なところには、何かしらのマークが現れるので、それにどう対応するかが謎解きの肝となってくるんです。

たとえば、木の枝にぶら下がった楽器(なんて呼ぶんでしょうね、イメージは「風琴」なんですが、辞書にはオルガンやアコーディオンとありますし……)をスライドすると、その音に反応して狼が遠吠えを返します。

あるいは、川があって向こう岸にわたれない場合でも……

光っているところをスライドすれば、橋が現れて先に進めるようになります。

なお、「夜の章」は勝手な命名です☆
何かしらの名前をつけておかないと、説明するのもたいへんなので♪

狼がジャマで階段を上れない!? 解決の鍵は「遠吠え」だ!

しばらく進むと、出口を示す光が見えてきました。
手前に階段もあるので、そのまま行けそうな感じですね。

ところが、狼が遠吠えをすると、なんと階段が折り畳まれてしまいます!
おーのぅ!?

しょうがないので、解決の糸口を探しに先に進みましょう。
右に進むと、先ほどの狼がついてきます。

しばらく行くと、大きな木に4つの風琴がぶら下がっている箇所に出ました。
そして、大きさの違う狼が3頭。
これは何か関係ありそうですね。

操作できるのは風琴だけなので、適当にスライドさせて音を鳴らしてみますが、なかなか変化が起きません。

しかし、よくよく注意してみると、

  • 4つ全部鳴らすとリセットされる
  • たまに狼が反応して遠吠えをすることがある

ということに気がつきます。

実は、この遠吠えがミソなんですね♪

「正しい順番のときに風琴を鳴らすと、その場所の狼が遠吠えをする」

というルールがあったんです!

たとえば、他の全部が間違っていても、3番目に鳴らすべき風琴を3番目に鳴らせば、そこの狼が遠吠えをするというわけ。
無事に全部を正しい順番で鳴らすことができれば、4頭の狼すべてが遠吠えをして……

あれれ?
仲間と会えて安心したのか、全員寝ちゃいました♪

解けてしまえばなんてことのない謎ですが、まったくのノーヒントでこれを解くのはかなりたいへん。
チュートリアルのはずなのに、最初からかなり詰まってしまいました。(^_^ゞ

さて、先ほどの出口に戻っても、狼はついてきません。
そして、出口をくぐり抜けると、今度は大きな鳥居が迎えます。

次はどんな謎が待ち受けているのでしょうか。

では、続きはまた次回っ!

【Tengami関連記事】
【海外発】日本神話アドベンチャーゲーム「Tengami」が、ついにダウンロード開始☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆


関連記事