iPhone設定・使い方・Tips 【iOS 7】キーボードを自分好みに設定しよう♪

【iOS 7】キーボードを自分好みに設定しよう♪

iPhone設定・使い方・Tips

ISUTA編集部(スマホ)



iPhoneでは文字の入力方法を自分好みの方法に設定することができます。
従来の携帯電話のような入力方法に慣れている人、PCでの入力方法に慣れている人、同じPCでも英字入力が好きな人、カナ文字入力が好きな人など、人によって好みの入力方法がありますよね(*^-^*)

そこで、ここでは文字の入力方法を自分好みに設定し、より快適なiPhoneライフを過ごす方法を学びます。

キーボードの設定方法はカンタン☆

1)[設定]アイコンをタップし、[一般]タブを開き、[キーボード]設定画面へ進みます。

001

2)自動大文字入力自動修正スペルチェックCaps Lockの使用ピリオドの簡易入力の設定は[オン/オフ]で設定できます。

004

自動大文字入力

ローマ字で入力する際に、一文字目を大文字で入力することができる機能です。

頻繁に英文を入力する人などに便利な反面、ローマ字/英字を使っての入力はメールアドレスくらい…という人にとっては、入力するたびに[↑]アイコンをタップして小文字に変換しなくてはいけなくなるため、面倒になってしまいます。

自動修整

スペルミスを自動的に感知し、スペルミスの可能性がある文字を修正候補と共に知らせてくれる機能。
こちらも、英字入力をよくする人にとっては便利な機能である一方で、メールアドレスの入力などがメインの人にとっては修正候補が目障りに思えることもあり不要な機能となる可能性も…。

スペルチェック

スペルが間違っている可能性のある文字を、赤い下線で表示してくれる機能。
誤字・脱字に自信のない人にとってはありがたい機能ですね♪

Caps Lockの使用

キーボード入力をする際に、シフトキー[↑]をダブルタップすることで大文字を連続で入力することができるようにする機能。
略称を入力したり、クレジットカード名を入力したりするときに連続で大文字を入力するときなどに便利な機能なので、オンにしておくのがオススメな機能。

ピリオドの簡易入力

キーボード入力をする際に、[space(空白)]キーをダブルタップすることでピリオド「.」が入力することができるようにする機能。
英文をよく入力する人にとっては便利な機能もありますね☆

キーボードの種類を選ぶ

iPhoneでは、さまざまな国の言語に対応したキーボードを選ぶことができますが、一般的に使われるのは日本語絵文字英語日本語の4種類のキーボードです。

007

日本語(かな)

テンキータイプの入力方法。
通常の携帯電話での入力方法に慣れている人にオススメの方法でもあります♪

日本語(ローマ字)

パソコンでの入力に慣れている人にオススメ!

絵文字

メールに絵文字を入れたりしたい人は、この項目をオンにしましょう☆
そもそも絵文字は使わない!という人はオフにしておいてもよい機能。
画面下、左から2番目の時計アイコンをタップすると、最近使用した絵文字一覧が表示されるので、頻繁に同じ絵文字を使う人には便利ですよ♪

英語

英文を入力する人にオススメのキーボード配列です!
メールアドレスを入力するときにも、このキーボードが便利ですよ(*^-^*)v

その他

その他のキーボード、たとえばフランス語やイタリア語など、他言語のキーボードを表示したい人は[新しいキーボードを追加]項目から追加することができます。

それぞれのキーボードの詳細は上の表の通りで、各キーボードの切り替えはキーボードに表示されている[地球儀]を長タップする(長い間押し続ける)ことで切り替えることが可能☆

008

初めてキーボードを削除する際には、「本当にこのキーボードを削除してしまっても大丈夫かしら…」と緊張をしてしまうこともあるかもしれませんが、その点は心配ご無用!
あとから「やっぱり追加したい☆」と思ったときには[新しいキーボードを追加]から追加しなおすことができますので、安心して?!削除しちゃってくださいね(^皿^)

iPhoneを使い続けているうちに、自分の入力のクセなどが分かってきたり、変化して来たりすることもあると思います。
入力時のストレスを軽減するためにも、キーボード設定の見直しをしてみるのも良いかもしれませんね☆

▼“キーボード”に関する記事はこちら


関連記事