アプリ 500億番目のダウンロードを飾った「Say the Same Thing」

500億番目のダウンロードを飾った「Say the Same Thing」

アプリ

マリモ



Appストアで500億のアプリがダウンロードされたのは、こちらの記事で既報の通りですが、その記念すべき500億番目にダウンロードされたアプリ、Say the Same Thingが、思いのほかおもしろかったので、早速ご紹介♪

say01

アプリ内言語は、英語のみですが、最初にアプリの使い方を詳しく、かわいいアニメ付きで教えてくれます。
ここで、遊び方について。
1.2人のプレーヤーがそれぞれ好きな単語を記述
2.出された2つの単語から連想できる単語を記述
3.2人が出した単語が合致したら、晴れてゲーム終了!
プレイするには、バナナが必要となります。まずはじめに、バナナを50個渡されますが、1度プレイする毎に、バナナがひとつづつ減っていきます。アプリ内課金でバナナ追加購入も可能です。

say02

さて、それでは、実際にプレイしてみましょう!相手が必要となりますので、Facebookログインしている場合、友人からも選ぶことができますが、友人がアプリを使っているとは限りませんので、ランダムに相手を選ぶ「Play a Ramdom Partner」で対戦相手を選ぶのがベター。パートナーは、基本的に待つことなく決まります。
プレーヤーが決まったら、単語を入力開始!相手のプレーヤーの個人情報については、基本的には一切わかりませんので、どんな言葉を想像してくるか、かなり想像力を働かせて単語を推測していきます。

say04

うまく合致しない場合は、何度も単語入力をすることになりますが、合わなかった回答がおもしろかったりもします♪
右上の吹き出しからは、チャットもできますので、プレイしながら、おしゃべりしてみるのも楽しいかも!また、相手の回答へスタンプを送ることもできます。

say03

何回かプレイしていたら、1回目の単語入力でビンゴ!ということもありました♪
「RICE」と「ANIMAL」から「PANDA」でビンゴォォ♪

 

想像力を駆使して単語を入力していく単純なゲームですが、ランダムに世界中のプレーヤーと気軽に遊ぶことができるのは、想像以上におもしろい体験です。
英語を勉強している人にも、遊びながら単語力を伸ばすためにとっても勉強になりますよ。みなさん、500億番目にダウンロードされたアプリ、是非一度プレイしてみてください☆☆

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆


関連記事