アプリ 有限カメラ|デジカメ世代は新鮮に感じ、フィルムを現像に出していた世代には懐かしいカメラアプリです☆

有限カメラ|デジカメ世代は新鮮に感じ、フィルムを現像に出していた世代には懐かしいカメラアプリです☆

アプリ

あおぞら


有限カメラ
今では、デジカメ、iPhoenアプリのカメラは、その場で撮って直ぐ確認できて、上手く撮れてなかったら、直ぐに取り直しもできて、フレームも文字なども入れられますが、有限カメラはフイルムカメラと同じでフィルム1本撮り終わるまでどんな風に撮れているのか見ることができませんし、設定を変えることもできません。撮り終わった写真はiPhoneのアルバムに保存されます。現像処理のときに3~5分程度かかりまが、どんな写真が撮れているのだろうと待っている時間のドキドキ感も懐かしいです。写真を撮ってフィルムを写真屋さんで現像に出していた世代は懐かしく感じると思いますし、デジカメしか知らない世代は逆に新鮮だと思います。

 
アプリを起動すると、¥0と¥100との表示されます。アプリの開発者さんは「100円のアプリ内課金が可能ですが、機能的には一切変化はありません。何となく払うだけです。この何となくの100円があると、パシャパシャと適当にシャッターを切ることなく1枚1枚チマチマと大切に写真が撮れるのではないかと思うのです。」だそうですが、みなさん、お好きな方を選んでください。

¥0か¥100をタップすると設定画面が表示されます。1度設定するとフィルムカメラと同じで枚数分撮って現像しないと設定が変えれませんので、ご注意を!設定が終わったら撮影開始をタップして下さい。

シャッターが真ん中で、撮影する度にチャージレーバーを巻き上げて下さい。面倒だと思いますが、これも楽しいですよ!左側に枚数が分るようになっています。

全ての枚数の写真を撮り終え、現像開始をタップ、写真へのアクセスを求める表示が出たらOKをタップ。後は現像が終わるのを待つだけ。どんな写真が撮れているのかワクワクします。

現像が終わると撮った写真の一覧が表示されます。写真はカメラロールに保存されますので閉じるをタップ!保存された写真はこんな感じです。どうですか?

iPhone本体の設定→有限カメラ、タップで日付けを写真に入れる設定もできますので、写真を撮る前に設定して下さい。

私が撮った24枚の写真の中にも失敗したのもありましたが、有限カメラの良さでもあります。オススメです。

i Tunes Store へ

 


関連記事