iPad UPAD|【iPad】PDFに手書きで注釈を加えられる上に再度PDF変換しメール送信やDropboxへアップロード可能な秀逸ノートアプリ!

UPAD|【iPad】PDFに手書きで注釈を加えられる上に再度PDF変換しメール送信やDropboxへアップロード可能な秀逸ノートアプリ!

iPad

Chocolate


UPAD
スラスラと書き心地の良いノートアプリUPADは、13種類のノートテンプレートが選べるMEMOPAD、PDFファイルの閲覧や手書きでの注釈を加えるBOOKPAD、10種類のフォトフレームで写真を素敵な仕上がりにするPHOTOPADの3つのモードが搭載。 UI、操作性も素晴らしいのですが、何と言ってもPDFデータに手書きで注釈を加えることができて更にPDFへ再変換できるところが素晴らしい! それはもう便利!その他にも便利な機能が搭載されていますよ~!

ss2

▼MEMOPADモード
MEMOPADモードは、手書きまたはキーボード入力でメモノートが作成でき、バックグラウンドデザイン13種類の中から選べます。 まず、左下の「+」をタップし、バックグラウンドデザインを左右にスクロールしてタップ選択します。

※下部中央の赤枠ボタンがMEMOPADのTOPページとなります。 作成後は“書きモード”の状態でノートが開きます。 上部のツールボタンが青色で表示されているのが、現在使用中のモード。

<上部ツールの説明>

①保存 ②読み/編集モード(再タップ) ③手書きモード ④テキスト入力モード ⑤画像挿入/追加 ⑥戻る ⑦進む ⑧ペンのサイズとカラー選択 ⑨蛍光ペンのサイズとカラー選択 ⑩ストローク消しゴム ⑪全削除
上記画像⑫の設定ボタンをタップすると、以下のボタンが出現します。 ※左上:TOPへ 右上:ブックマーク ボタンです。

⑫設定 ⑬バックグラウンド変更 ⑭格子設定 ⑮ロック ⑯外部送信 ⑰外部スクリーン表示
“手書きモード”は、上部のペンまたは蛍光ペンのツールボタンをタップしペンサイズやカラーを選択します。

ちなみに消しゴム機能は2つ。用途に合わせて用意されています。 ⑩ストローク消しゴム ⑪全削除消しゴム ストローク消しゴムはかなり便利!よくあるのが消したい文字を全部なぞる、という消しゴム機能は多いですよね。このストローク消しゴムならなぞった線が消えます。

“入力モード”は、上部の「T」のテキスト入力モードボタンをタップしノートをタップします。タップした位置に入力枠が表示されます。位置を移動するには、画像の“1”部分(枠上部の三本線)に触れドラッグし自由に移動させることができます。また、“2”部分(枠右下角の斜め三本線)に触れドラッグするとテキスト入力ウィンドウの拡大縮小ができます。

上部中央のボタンでフォントの書体とサイズ変更やテキスト文字のカラー選択やテキストバックグラウンドのカラー選択が可能です。カラフルな付箋を付けるという感覚ですね。

“読みモード”は、上部のテープのようなマークのボタンをタップします。再タップで編集モードに戻ります。 ノート画面を上下に移動させたい場合には、読みモードに切り替えるとノート画面に触れても書き込みや入力ができないようになっているので誤入力を防ぐには便利な機能です。 編集モードの状態でノート画面を移動させたい場合は、右端にある小刻みの「Ξ」部分でドラッグすると移動が可能です。

“画像挿入/追加”は、3つのモードMEMOPAD/BOOKPAD/PHOTOPADそれぞれ利用可能です。画像の挿入/追加だけでなく、画像サイズの調整や回転などの編集機能に加え28種類のフレームで加工することもできます!その他にも画像の透明度調整や複数の画像を挿入した際には重なる部分の前後の切替もできます。 [画像挿入/追加] 画像挿入/追加ボタンをタップすると5つのツールボタンが出現します。 まずは、1つ目のボタンタップで写真追加。カメラロールから選択する場合は「写真アルバムから選択」を、「ライブラリから選択」をタップすると一度UPAD内で使用した写真が表示されます。

[サイズ調整と回転] 画像の四隅に表示されたオレンジの「■」を押したまま斜めに上下動かすと拡大・縮小ができます。四辺に表示された水色の「●」を押したまま動かすと回転ができます。写真右上に表示された「-」ボタンをタップで画像削除ができます。

[フォトフレーム] 2つ目のボタンは28種類のフォトフレームで加工できます。

[表示サイズ] 3つ目のボタンは写真サイズをそのままに表示部分の拡大ができます。最大で300%まで可能。

[透明度調整] 4つ目のボタンは画像の透明度調整。

[配置順位の変更] 5つ目のボタンは複数の画像を挿入した際、重なる部分の前後の順位の変更ができます。前面に配置したい画像をタップ選択した状態で5つ目のボタンをタップします。ボタンが青色になれば前面配置、グレーなら背面配置になっています。

バックグラウンドデザインを写真に!
用意されているテンプレートだけでなく、お気に入りの写真をバックグラウンドに設定する事も可能なんです!テンプレート選択時に吹き出し内左上に表示されている「写真」をタップすると、カメラロールから自由に選択し設定します。これなら、日記代わりにもいいですね☆ノート毎にロックもできますからね。笑

次のページでは。。。 「BOOKPADモード」「PHOTOPADモード」やその他の機能について紹介していきます。


関連記事