アプリ mSpot Music|音楽データもクラウドで管理! iPhoneにも対応した音楽データ専用のクラウド『mSpot』の使い方まとめ。

mSpot Music|音楽データもクラウドで管理! iPhoneにも対応した音楽データ専用のクラウド『mSpot』の使い方まとめ。

アプリ

iPhone女史編集部


iPhoneで音楽を聴くには、通常 iTunesからiPhoneへと音楽を同期してiPodで聴きますが、今回紹介するmSpotは驚く事に同期しなくてもクラウド経由で音楽が聴けちゃう優れものなんです! そしてこの【mSpot Music】というアプリを介してiPhoneでも聴けるという音楽好きにはかなり嬉しいサービスです。一度mSpotにシンクしてしまえばiPhoneとPCを同期せずに音楽を聴けるのでとても便利ですね!無料では5GBまで利用可能です。 iTunesのバックアップとしても大いに活用できそうです。

iPhoneiPhone

アカウント作成〜mSpotに音楽をシンク

まずココからmSpotをインストールします。「Get Started」をクリック。

ファイルをダウンロードし開きます。アプリケーションに移動して立ち上げます。

メールアドレスとパスワードをそれぞれ2回ずつ入力してアカウント取得完了!シンク先でiTunesを選択するのをお忘れなく。後は自動的に同期してくれます。

無料は5GBまでなので、全部入らないよ!って人はメニューバーに表示されたmSpotをクリックし『Music Libraries』へ。

フォルダを選択してクラウド内で管理したい楽曲を選んで下さい。

あとは作ったアカウントでmSpotにログインするとシンクが開始され自動で読み込んでくれます。なんて便利なんだろう!!

読み込んだ楽曲はクリックで再生され、画面上部にこのように再生中の音楽が表示されます。コントローラーで早送りしたり曲の変更や、シャッフル・リピート再生もできます。

クラウドに読み込んだ曲をiPhoneで試聴

iPhoneで曲を聴きたい時に【mSpot Music】を立ち上げてサインイン♪

サインインするとすでに読み込まれた楽曲が!!アルバムやアーティスト情報もバッチリです。

あとは聴きたい曲をタップするだけで再生可能です。一回目はアプリ内で楽曲を読み込むためにデータ通信を行いますが、キャッシュが残るので一度聴いたら二度目は通信なしで視聴できます! アルバムアートを登録しているものはすべて表示されます。感動ですね! PCからiPhoneへ同期していない曲まで簡単に聴けます。 ちなみに私のiTunesの音楽データは15GBあるので5GBじゃ足りない事に気づき、有料(40GB)を購入しようと試みました。月$3.99で日本円で約400円弱。安い! と思ったのですが、有料版の購入には米国のクレジットカードと住所が必要なので、登録できませんでした。 iPhoneでの音楽再生がとっても楽になるので、ぜひとも日本でも有料コンテンツを使えるようになってほしいとこですね! でも5GBでも1,000曲近くは入りますので、気になる方は活用してみて下さいね。

i Tunes Store へ


関連記事