isuta

CULTURE重くて歩けない?コンクリートでできた「不動の靴」がシュール

重くて歩けない?コンクリートでできた「不動の靴」がシュール

CULTURE

2016/01/17
shimojo


重くて歩けない?コンクリートでできた「不動の靴」がシュール

この記事のINDEX
あなたは日頃履く「靴」に、一体何を求めますか?
快適な履き心地やデザイン性など、人によって違うと思いますが、アイルランドのシューズデザイナー、Sandra Plantosさんは、他にはない独創的なコレクションを発表しています。

Sandra-Plantos-1

重すぎて歩けない靴!?


靴に使われる素材といえば、一般的にレザーや合成皮革、キャンバス地などがありますが、このコレクションに使われているのは、分厚いコンクリートや鉄筋、合板など、建築工事などで使われる材料ばかり。

言われないと靴であることもわかりませんが、コンクリートの上には裸型が。

Sandra-Plantos-3この型の上に足を乗せるようです。

履いてみても、重すぎて歩くこともままならないでしょう。

インダストリアルなデザイン


鉄筋が剥き出しになったデザインは、リアルクローズのきらびやかなファッションアイテムとは一線を画し、インダストリアルなオーラを放ちます。

モードなブランドのワードローブとも相性が良さそうですね。

Sandra-Plantos-4

Sandra-Plantos-5Plantosさんは、大学で建築を学んだ経験を活かし、このコレクションを発表しました。

靴に求められる機能性を敢えて排除した、この「重すぎる靴」。

デザインと機能性の関係や、建築と人のあり方を考えさせてくれますね。

Sandra Plantos
http://www.sandraplantos.com/

靴(まとめ)

関連記事