isuta

CULTURE鉛筆の芯に彫刻?超繊細なミニチュアアートがすごい

鉛筆の芯に彫刻?超繊細なミニチュアアートがすごい

CULTURE

2015/08/23
shimojo


鉛筆の芯に彫刻?超繊細なミニチュアアートがすごい

フランスの彫刻家、オーギュスト・ロダンの名作「考える人」を模したこちらの作品。
TOLDart-5

オリジナル作品さながらの迫力だが、これはブロンズ製ではなく、私たちにとって、とても身近で小さなものが使われている。

これは、ボスニア出身のアーティスト、JasenkoĐorđevićさんが、鉛筆を掘って作ったアート作品だ。

TOLDart-2
数ミリ足らずの鉛筆の黒鉛で、これほどまでに繊細なディテールを掘り出すとは、まさに圧巻。

製作中の彼の集中力は、おそらく人並みはずれたものなのだろう。

使う道具はナイフとノミだけというのだから、また驚きだ。

TOLDart-4

TOLDart-3

TOLDart-6

TOLDart-7

見ているだけで思わず息を飲む彼の鉛筆アート。

もっと見たいという人は、彼のFacebookをチェックしてみて。

Facebook
https://www.facebook.com/TOLDart

アート(まとめ)

関連記事