私の“好き”にウソをつかない。
HOMEFASHION花粉や紫外線は肌トラブルの原因に。この時期の“揺らぎ肌”には、刺激の少ないやさしいメイクを心がけて◎

花粉や紫外線は肌トラブルの原因に。この時期の“揺らぎ肌”には、刺激の少ないやさしいメイクを心がけて◎

FASHION

2021/03/02
machimachi

花粉や紫外線は肌トラブルの原因に。この時期の“揺らぎ肌”には、刺激の少ないやさしいメイクを心がけて◎

illustration by machi

INDEX

あっという間に3月です。少しずつ暖かく過ごしやすい日が増えてきていますが、同時にやってくるのが強い紫外線や花粉や黄砂などの外的刺激たち…。

花粉症でなくても、お肌への刺激を感じている人もいるのでは?今回はそんな刺激の強い時期に心がけたい、お肌に優しいメイクをご紹介します。

春の揺らぎ肌の原因は?

illustration by machi

◎紫外線

紫外線にはUV-A波とUV-B波があります。簡単に説明すると、熱い・眩しい・日焼けするのがUV-B波で、目にも見えない・肌が日焼けもしないのがUV-A波です。

3月頃から強くなるのがUV-A波。日焼けしないなら大丈夫かと思いきや、波長が長く肌の奥まで入っていって、シワやタルミの原因を作ってしまいます。

だから今からしっかりUV対策が必要なんです!

最近は外出の機会も減って、ほとんど一日中家の中で過ごす日もありますが、そんな日も油断は禁物。

窓ガラスを通り抜けてくるので、なるべく朝起きてスキンケアした後に日焼け止めだけでも塗っておくのがおすすめです!

◎花粉や黄砂

花粉や黄砂が飛び交うこの時期は、花粉症ではない人でも顔にかゆみや赤みが出ることがあります。これは肌の表面に目に見えない細かな花粉や黄砂などがくっついてしまい、肌に刺激を与えてしまうから。

痒いからポリポリと掻いてしまうと、それが刺激になり最悪の場合、色素沈着として残ってしまうこともあります。

そのため、なるべく今の時期はフェイスパウダーなどをまめに塗り直し、肌表面をサラサラに保つのがおすすめですよ◎

揺らぎ肌のお守りコスメたち

illustration by machi

◎d プログラム アレルバリアミストN(税込1650円)

日中のメイクの上からでも使える、d プログラムのミスト状化粧水。花粉や乾燥で痒くなってしまう私にとっては、外出時には欠かせません!

◎ANESSA パーフェクトUV マイルドミルクN(税込3300円)

普段はメイクアップ効果の方を優先したいので、下地にもともと入っているUVカットを頼りにしていますが、外にいる時間が長くなるお出かけやレジャーにはガッツリ日焼け止めを使いたい!

でもなるべく肌に優しいものが良い…と思っていたら今年、日焼けの定番ブランド・ANESSA(アネッサ)の新作に敏感肌用が登場していました。しかもケースの色もかわいい!ということで、今年の日焼けはこれに決定です。

◎イニスフリー ノーセバム ミネラルパウダー(税込825円)

大人気のinnisfree(イニスフリー)。片栗粉のような細かい皮脂吸着効果のあるパウダーが、肌をサラサラに保ってくれます!小さいのでポーチに入れて持ち歩きしやすいのもうれしい。

皮脂吸着効果が高いため、乾燥しやすい部分は避けてTゾーンだけに使うのがおすすめです。

◎MIEUFA フレグランスUVスプレー(税抜1200円)

これからの時期、髪や頭皮も日焼けによるダメージを受けてしまうから、髪にも肌にも使えるUVカットスプレーはマストアイテムです。その中でも、MIEUFA(ミーファ)はとにかくどれも香りが良い!

効果の高さに注目しがちなUVカット製品ですが、コスメはやっぱり気分が上がるのも大切ですよね。お出かけ前に全身スプレーして、気分良く過ごしましょう♡

illustration by machi

肌は記憶力抜群なので、今年のウッカリが5年後10年後に肌トラブルとして現れるとも言われています。

刺激からしっかり守って、将来のきれい貯金をしっかり貯めておきましょう!

関連記事

マスクの湿気でまつ毛が下がっちゃってない?カップルメイクにも使える「長持ちまつ毛カールテク」は必見
『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の垢抜けも話題。いま話題の“上白石萌音ちゃん”メイクを大研究
甘くてほろ苦い、チョコレートをメイクに仕込んで。今年はちょっぴり大人な“バレンタインメイク”にチャレンジ