私の“好き”にウソをつかない。
HOMEFOOD春のお散歩はカップ入りスイーツ&本格コーヒーと一緒に。立川の「kashinoki coffee」が気になります

春のお散歩はカップ入りスイーツ&本格コーヒーと一緒に。立川の「kashinoki coffee」が気になります

FOOD

2021/03/02
matsumotonatsuki rio

春のお散歩はカップ入りスイーツ&本格コーヒーと一緒に。立川の「kashinoki coffee」が気になります

INDEX

いよいよ今年も春到来。

“to goスイーツ”と一緒に、お散歩したい気分になりますよね。

東京・立川の「kashinoki coffee(カシノキコーヒー)」には、お花見やちょっとしたピクニックにぴったりな、カップに入ったケーキ&ティラミスがお目見えしています。

おしゃれで本格的なコーヒースタンド

「kashinoki coffee」は、“サスティナブル” をテーマにしたテイクアウト専門のコーヒースタンド。

市場全体でおよそ0.5%しか流通していないという香り高いスペシャルティコーヒーをはじめ、パティシエの作る本格スイーツも販売されているんです。

『バッチブリューコーヒー』(380円)、『カフェラテ』『ティーラテ』(各420円)

購入したドリンク&スイーツは、屋外のベンチやウッドデッキで楽しむこともできますよ!

ウッドデッキには店名と同じ樫の木が使われているんだとか。

手軽に楽しめるカップ入りスイーツ

kashinoki coffee店主&パティシエの林 巨樹さんが作るスイーツは、国産小麦などこだわりの原材料を使用。

スプーンひとつで食べられるカジュアル感がありながらも味は本格的!

カップの中は、スポンジやジュレが層になっていて、スプーンですくうたびに色々な味が楽しめちゃうのだとか。

『ショートケーキ』(550円)

カップのデザインもおしゃれ!

コーヒー専門店ならではの『エスプレッソティラミス』(620円)は、エスプレッソマシーンで抽出したスペシャルティコーヒーの風味を楽しんで。

また、限定販売され好評だった『抹茶ティラミス』(600円)も3月からレギュラーメニューに仲間入り。

切り分ける手間もお皿もいらないニューノーマルなカップスイーツは、おうち時間にはもちろん、外でも食べやすいのがうれしいところ。

柔らかく形の崩れやすいデザートも安定した状態で持ち運ぶことができるから、お散歩やちょっとしたお花見にもぴったりですよ。

テイクアウトのほかUber Eatsでも利用可能なので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょう。

※表示価格は税抜きです。

kashinoki coffee
場所:立川市柴崎町2-10-14 矢沢ビル1F
営業時間:10時~19時

公式Instagram
https://www.instagram.com/kashinoki_coffee/

関連記事

ベリー×ホワイトチョコはおいしくないわけがない。RINGOの「ベリーパイ」が今年も登場
代官山PELLSのキッチンカーが原宿にOPEN。ピクニックやお花見にぴったりのスイーツ×コーヒーがお楽しみ
Minimalのホワイトデーアイテムでおうち時間を特別に。チーズがテーマのスイーツ×希少なホワイトチョコも登場