私の“好き”にウソをつかない。
HOMEFOOD真っ白なキューブと美しい3層にくぎづけ。オンラインで予約受付中の「至極のカレ・オ・ショコラ」をご紹介

真っ白なキューブと美しい3層にくぎづけ。オンラインで予約受付中の「至極のカレ・オ・ショコラ」をご紹介

FOOD

2021/01/17
tomokoTomoko

真っ白なキューブと美しい3層にくぎづけ。オンラインで予約受付中の「至極のカレ・オ・ショコラ」をご紹介

INDEX

「BRANCHÉ CHOCOLAT(ブランシェ・ショコラ)」の「カレ・オ・ショコラ(#カレチョコ)」は、キューブ型の見た目が印象的な高級感たっぷりのスイーツ。

1月14日(木)からは、シリーズ第3弾「至極のカレ・オ・ショコラ」の予約販売がオンラインショップにてスタートしています。

ショコラの基本の材料となる、ミルクにフォーカスした「至極のカレ・オ・ショコラ」。ホワイトチョコに包まれた真っ白なキューブにナイフを入れると、美しい3層が顔を覗かせます。

今度の『#カレチョコ』は上質なミルクが主役

「至極のカレ・オ・ショコラ」の主役となるミルクは、濃厚な風味と爽やかな喉越しが特徴という、北海道・十勝の牧場「あすなろファーミング」のグラスフェッド牛乳を使用。

あすなろファーミングの牛乳は、バターのようなほのかに黄色味を帯びた色合い。層の一番上のホワイトガナッシュには、その優しい色がそのまま反映されています。

一般的に生クリームを使用するガナッシュを牛乳で作ることで、サラリとしたなめらかな口溶けを実現。リッチなミルクの風味が口いっぱいに広がるのだとか。

ホワイトチョコレートの甘さや濃厚さが苦手という方の概念をも覆すような、心地よい余韻が楽しめるそうですよ。

正方形に詰まった、緻密なこだわりを感じて

そのホワイトガナッシュをはじめ、後味に品のあるミルクチョコレートと、しっとりと仕上げたブラウニーの3層で構成される「至極のカレ・オ・ショコラ」。

上から下にかけて儚く溶けるような柔らかさから、しっとりとした濃厚な食感に変化していくといいます。

あすなろ牛乳本来の風味やコクを大切に、ブラウニーは脇役に徹し、あわせるチョコレートは上質なフランス産を厳選。

シンプルがゆえに、テクスチャーや口溶け、余韻など緻密なこだわりが随所に感じられるはず。

手に取った時の喜びや開けた瞬間の驚き、カットした高揚感、味わいへの感動など、そこから生まれる時間も至極であって欲しいという想いが込められた一品です。

2種類のボックスがお目見え

2〜4名で楽しむのにちょうど良いサイズという、「至極のカレ・オ・ショコラ」。

大切な人へのプレゼントにもぴったりな、GIFT BOX(税込5,378円)のタイプと、

少しカジュアルに、自分へのご褒美にもぴったりなECO BOX(税込4,298円)の2種類が販売されています。

ぜひ楽しむシーンに合わせて、お好きな方を選んでみてくださいね!

BRANCHÉ CHOCOLAT(ブランシェ・ショコラ)
https://branche-chocolat.jp/

関連記事

テリーヌよりも濃厚で、生チョコよりも軽くなめらか。至福の正方形「カレ・オ・ショコラ」が食べてみたい♡
メリーゴーランドの華やかパケに釘付け。ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベからバレンタイン限定品が登場
プレスバターサンドがBean to Bar チョコ「MAROU」とコラボ。一部店舗限定のバレンタイン商品が気になる

関連記事