私の“好き”にウソをつかない。
HOMETRAVEL渋谷の“かくし味”のような楽しいホテル。いま話題の「MUSTARD™ HOTEL」の魅力を探っちゃいます

渋谷の“かくし味”のような楽しいホテル。いま話題の「MUSTARD™ HOTEL」の魅力を探っちゃいます

TRAVEL

2021/01/13
manami.abemanami

渋谷の“かくし味”のような楽しいホテル。いま話題の「MUSTARD™ HOTEL」の魅力を探っちゃいます

INDEX

少しずつ娯楽を楽しめるようになってきたけれど、自由に海外旅行ができるのはまだ先になりそう。最近では近場のホテルに泊まって旅行気分を楽しむ、ホテルステイが流行っていますね。

特に韓国っぽいデザインホテルで、おこもりパーティーを楽しむ人が増えているんだとか。中でも人気を集めているのが、渋谷の「MUSTARD™ HOTEL SHIBUYA」です。

“街のかくし味”のようなホテル

渋谷駅の新南口から徒歩5分。渋谷と代官山の中間あたりに位置する「MUSTARD™ HOTEL SHIBUYA」は2018年に開業したホテルで、複合施設「渋谷ブリッジ(SHIBUYA BRIDGE)」の中の一角です。

目印は黄色の大きな看板。同ホテルは“街のかくし味”のような存在になることをコンセプトとして掲げており、ホテル名には「マスタード」と入っています。

ホットドッグにはケチャップが必須ですが、マスタードは必要とする人もいれば要らないという人もいる。でもそんなかくし味によって、より魅力を楽しめたり豊さを感じられたりするのではと考えており、そんな存在を目指しているんだとか。

1階のレセプションは、どことなく海外のような雰囲気を感じる空間。

フロントが駅の窓口のようなデザインになっていたり、足元にはニューヨークを彷彿とさせる赤いラインが施されていたりと、細かいところまでこだわりが詰まっているんです。

シンプルで洗練されたお部屋がかわいすぎ…

それでは、気になるお部屋を見ていきましょう!

エレベーターを出てすぐに驚いたのが、この真っ白な廊下。「ここは本当にホテルなの…?」と思ってしまうほど、スタイリッシュなデザインですよね。

こちらは「スーペリアダブル」のお部屋で、ダブルベッド1台とバス・トイレが設置されています。お部屋の中も白を基調としたデザインで、ところどころアクセントとして黄色が使われています。

壁全体が白いため、外の光が入るとより明るく感じられますよ。

おもしろいのは、部屋のすべてのインテリアに名前が書かれているところ。もちろん説明がなくてもわかるのですが、こうした遊び心もすてきですよね。

真っ白な部屋と聞くと無機質な印象も受けますが、アクセントの黄色や木のインテリアによって、程よい温かみが感じられます。

スマホの充電に欠かせない、枕元のコンセントもばっちり。

お部屋を少しでも広く使えるよう、荷物を入れるスペースはベッド下に確保。これなら大きなスーツケースを持ってきたときにも、場所を取ることなく収納できます。

ベッドのそばに設置されている黄色のボックスのような飾りは、優しい光を灯してくれるランプ。電球や蛍光灯をそのままにするのではなく、このようにうまく隠すデザインもおしゃれですよね。

お部屋のタイプはほかにも。リーズナブルに宿泊できるドミトリールームや…

最大7名で泊まれるコンフォートタイプなども用意しています。グループでパジャマをそろえたり、近くでテイクアウトしておこもりパーティーを楽しむのもよさそう!

こちらのコンフォートタイプとデラックスタイプのお部屋では、オールサラウンドな音を実現するスピーカー「Beoplay M5」を体験できちゃいます。

ホテルに併設するカフェ「Megan - bar & patisserie」の音響を手がけるElla Recordsがセレクトしたレコードコレクションの中から、好みのレコードを部屋に持ち込むことができますよ。

街を楽しみ、音楽やアートに触れる

7階部分は共有スペースになっており、こちらで簡単な調理をしたり食事をとったりすることが可能。おひとりさまで宿泊する人も、こういったスペースで他の人とのコミュニケーションが生まれそうですね。

周りに高いビルが少ないため、渋谷とは思えないような開放的な雰囲気を味わえるのも、このホテルの魅力のひとつ。都会にいることを一瞬忘れて、リラックスできる空間が広がっています。

またこのホテルを語る上で欠かせないのが、音楽の存在。先ほどご紹介したようにレコードを聴けるお部屋があったり、近くのレコードショップやバー&カフェを紹介するガイドが置いてあったりと、音楽と切っても切れない関係なんです。

不定期でイベントも開催されていましたが、今は感染症対策のため縮小中。それでも音楽を楽しめるようにと、幅広いジャンルのセレクターによる選曲プレイリストが公開されています。

ぜひプレイリストを再生しながら、お部屋での時間を楽しんでみては?

音楽と同じくアートも、より生活を豊かにしてくれる“かくし味”。MUSTARD™ HOTEL SHIBUYAはクリエーターやアーティストとコラボをして、滞在期間中に作品を残してもらったり、展示会やライブなどを共同で開催するなどの取り組みをしています。

ホテル内を散策する際は、アート作品にも注目してみてくださいね。

海外風のおしゃれなカフェで朝ごはん

ホテルの1階には、パティスリー・バー・カフェの複合飲食店「Megan - bar & patisserie」を併設。

デイタイムは焼き立てのパンやこだわりのコーヒー、洋菓子などを提供するカフェとして、また夜にはビールやカクテルを楽しめるバー営業しています(営業時間は変更になる場合がございます)。

まるで海外のカフェに来たような、モダンでスタイリッシュなデザインに惚れ惚れしてしまいそう…。

おいしい朝食を食べたら、渋谷の街へ繰り出しましょう!

また、「Megan - bar & patisserie」の「THE CHEESECAKE」をはじめとする人気の生菓子が、1月31日(日)まで伊勢丹オンラインでも販売中。気になる方はチェックしてみてくださいね。

渋谷に泊まるのもアリかも?

宿泊は、1泊3000円台(ドミトリータイプ)から。

渋谷に遊びに行くことはあるけれど、泊まったことはないという方も多いはず。見慣れたはずの街も、いつもと違う体験をすることで、新たな魅力が見えてくるかもしれませんよ!

名称:MUSTARD™ HOTEL SHIBUYA
住所:東京都渋谷区東1丁目29-3
電話番号:03-6459-2842 
URL:https://mustardhotel.com/

 

関連記事

おひとりさま5000円以下で泊まれちゃう。お気軽ステイにぴったりな“ミニマルホテル”を5つご紹介
来年はホテルでシェアハウスしてみない?東京ミズマチに「WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO」が開業です
美術館に泊まってるみたい♡ “アートに泊まれる”ホテル「BnA_WALL」はどのお部屋も芸術的すぎました…