私の“好き”にウソをつかない。
HOMECULTURE新年1本目に観たい映画はこれ!真っ直ぐに生きる主人公たちの姿に、きっと何か感じるものがあるはず

新年1本目に観たい映画はこれ!真っ直ぐに生きる主人公たちの姿に、きっと何か感じるものがあるはず

CULTURE

2021/01/01
manami.abemanami

新年1本目に観たい映画はこれ!真っ直ぐに生きる主人公たちの姿に、きっと何か感じるものがあるはず

INDEX

お正月はどのように過ごす予定ですか?おうちでゴロゴロ、おいしいごはんを食べるという人も多いかと思います。

2020年は思いがけないことが多く苦労した年でもありましたが、2021年は満足のいく年にしたいですよね。いいスタートダッシュを切るために、この時期に観てほしい映画をご紹介。

何かを成し遂げたり、自分にとって本当に大切なものが何か探したりする主人公たちに、胸を打たれるかもしれませんよ。

最高の人生の見つけ方(2007)

illustration by Sachiyo

仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。(シネマトゥデイより)

「バケットリスト」という言葉を聞いたことはありますか?日本語に訳すと「死ぬまでにやりたいことリスト」を意味します。年のはじめは、自分のやりたいことや願望をリスト化するのにぴったり。リストを作ることで可視化されて、より実現しやすくなるんです。

この映画は、そんなバケットリストにまつわる話。余命6か月を宣告された大富豪・エドワードとカーターが出会い、考え方も性格も違う2人が病院を抜け出して、自分のリストを実現させていきます。

残された時間が短い映画の主人公たちは、死んでも後悔しないようにとさまざまなことに挑戦。私たちにはもっと猶予がたっぷりとあるんだから、なんでもできるような気がしてきませんか?

特に2020年は思うようにいかないことが多かったり、いつも通りの日常が制限された1年でもありました。2021年はやりたいことに貪欲に生きて、素敵な1年にしましょう!

NetflixAmazon PrimeU-NEXT

LIFE!/ライフ(2013)

illustration by Sachiyo

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。(シネマトゥデイより)

「自分にはなにも自慢できることはない」「誇れるものなんてないし、成し遂げたこともない…」そんな風に、自分を卑下している人はいませんか?この映画の主人公・ウォルターもパッとしない毎日を送り、意中の女性にも話しかけられないという臆病者。

自分の頭の中で繰り広げる妄想では、ヒーローのように振る舞ったり彼女を虜にすることもできるのに、現実ではそうはいきません。そんな日常生活を送っていた彼は、ひょんなことからカメラマンを探す旅に出ることに。

非日常にあふれている旅先では、ハプニングやアクシデントが付き物です。今まで会ったことがないような人たちに会ったり、いつもだったら怖がってできないような体験も、旅先でなら不思議と挑戦できたり。彼は旅の途中でたくさんの“はじめて”を経験し、今まででは考えられないような日々を過ごします。

そうやって1つ1つ壁を乗り越えていく主人公の姿に、きっと勇気をもらえるはず。そしてこの作品の醍醐味の1つは、世界中の絶景の数々です。2020年は特に海外旅行をするチャンスが少なかったため、2021年はどこに行こうかな?と考えながら鑑賞するのもおすすめですよ。

U-NEXTTSUTAYA TVRakuten TV

きっと、星のせいじゃない。(2014)

illustration by Sachiyo

末期ガンながらも、薬の効果で深刻な状態を免れているヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。だが、学校にも通えず、友人もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(アンセル・エルゴート)と知り合う。ヘイゼルに惹(ひ)かれたガスだが、彼女に距離を置かれてしまう。ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功するガス。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出るが……。(シネマトゥデイより)

最後にご紹介するのは、泣ける作品。しかし新年から悲しい気持ちになってほしいわけではなく、まっすぐ生きる主人公たちの生き様や芯の強さを感じてほしいのです。主人公は末期ガンを抱えるヘイゼル。周りの人ととは違う生活を送っている彼女は、内気で友達も作らず、退屈な日々を過ごしていました。

そこに現れたのは、骨肉腫を克服したというガス。彼は仲良くなろうとヘイゼルにアタックをくり返し、最初は距離を置いていた彼女も徐々に心を開いていきます。

今まで自分の周りのごく狭い範囲でしか生きていなかったヘイゼルは、徐々に活発になっていくように。新しい体験や感情、そして恋を通じて、新しい自分を見つけていきます。

あなたも2021年をどんな年にしたいか、改めて考えてみては?

Amazon PrimeU-NEXTTSUTAYA TV

2021年をハッピーに過ごそう!

新しい年を気持ちよくスタートさせるためには、始めが肝心。いい1年になるよう、映画から刺激を受けてみてくださいね!

manami
Sachiyo

関連記事

【クリスマス映画】この時期に観たい、“ホリデー気分が盛り上がる”ムービーを3作品ご紹介します
星野源に横浜流星、伊藤沙莉…いま映画館に行くならこの3本をチェック。公開中の注目作品をピックアップ
強くて美しい女性って憧れる…スカッと爽快感が半端ない、かっこいい女性が活躍する映画をまとめました♡