isuta

GOODS『愛の不時着』の世界を香りで楽しまない?SCENT STUDIO Wのキャンドルで非日常空間を味わいたい

『愛の不時着』の世界を香りで楽しまない?SCENT STUDIO Wのキャンドルで非日常空間を味わいたい

GOODS

2020/12/23
maayamaaya


『愛の不時着』の世界を香りで楽しまない?SCENT STUDIO Wのキャンドルで非日常空間を味わいたい

この記事のINDEX

今年は誰にとっても予期せぬ出来事が起こり、不安な日々を過ごす人も多かったのではないでしょうか。

2020年最後は、日々の不安の中でも1年頑張った自分に「お疲れ様」の気持ちを込めて、とっておきのアロマキャンドルを贈りませんか?

自然の中の様々な植物、海外の都市、楽しい思い出の瞬間などから発想された「SCENT STUDIO W」のキャンドルは、2021年を良いかたちで始められるようにあなたの心に癒しと元気をもたらしてくれるはずですよ。

すべて手作業で作られた愛にあふれたキャンドル

1年間頑張った自分に贈るなら「SCENT STUDIO W」のキャンドルがおすすめ。さまざまな場所やシーンにインスピレーションを受けた香りはもちろん、すべて手作業で丁寧に作られたキャンドルだから、人とのつながりが少なくなってしまった今年は特に作り手の想いや愛を感じられそうです。

また、100%ソイワックスで作られたヴィーガンアロマキャンドルということも、特徴のひとつ。パラフィン(石油由来)に比べると、煤が少なく化学的な香りもせず、CO2の排出も少ないので環境にやさしいんですよ。

プラスチックやリサイクルしにくいものを最小限に抑えたミニマリストなデザインのパッケージにも注目。シンプルなデザインは、どんなインテリアにも馴染みやすそうです。

上質なエッセンシャルオイルを使った、極上の香りにも癒されてくださいね。

キャンドルのクリスマスリースを飾ってみない?

こちらは、ローズのつぼみとムヒロスギでクリスマスリースをイメージしたクリスタルボタニカルキャンドル『LOVE, rosie Ⅲ(税込3,000円)』。

火を灯して揺れる炎と香りを楽しむのはもちろん、ラブリーな見た目はクリスマスデコレーションとして置いておくだけでも気分が上がりそうですよ。

お部屋全体に広がるさわやかなフローラルの香りでしあわせな気分に。

香りで海外旅行に出かける?

次にご紹介するのは世界4都市を香りで旅することができる『DEPARTURE 4 city set(税込4,800円)』。

ソウル、ニューヨーク、シドニー、パリの4都市の風景、自然、場所からインスピレーションを受け、それぞれをイメージしたキャンドルがセットになっています。

今年行くことができなかったお気に入りの都市に香りで旅行することができちゃいますよ!

『Seoul - 이태원경리단길(梨泰院ギョンリダンギル)』は、 韓国ドラマ『梨泰院クラス』の場所でも有名な梨泰院ギョンリダンギルを歩いた時に空気から感じた、うっすらスパイシーなシトラスの香りをベルガモットとレモングラスのアクセントで表現したそうです。

大好きな韓国ドラマを観ながらキャンドルを焚けば、まるでドラマの世界に自分がいるような気分に浸れるかも。

『New York - Cupcake』は、街中で売っている濃厚なバニラ風味のマフィンやカップケーキをイメージ 。思わずお腹が空いてしまう甘い香りは、甘党さんにぴったり!

ニューヨークが舞台のドラマ、『セックス・アンド・ザ・シティ』や『ゴシップガール』を観ながらキャンドルを焚いて、ハイセンスなおしゃれを勉強するのもいいですね。

『Sydney - Harbour Cruise』は、初めてシドニーを訪れた時にハーバーブリッジポートからクラークアイランドまで乗ったクルーズ船で感じた、今も忘れられない気持ち良い風をムスク、イランイラン、サンダルウッドでシックな香りで表現しているそう。

さわやかでやさしい香りは、まるで自分がクルーズ船に乗っているような気分になれるかも。海が好きな人にはぴったり。


『Paris - La vie en rose』は、フランスの歌手エディット・ピアフの『バラ色の人生 La vie en rose』という曲をイメージ。キャンドルに火を灯しながら、音楽を楽しむのも素敵ですね。みずみずしく、大人っぽいローズの香りは、まさに洗練されたパリの街にぴったりです。

『愛の不時着』の世界観にとことん浸っちゃう

最後にご紹介するのは、韓国ドラマ『愛の不時着』のワンシーンをイメージした『JUNGHYUK Collection(税込6,500円)』。

第4話で北朝鮮の軍人、ジョンヒョックがアロマキャンドルを手に持って、夜の市場で迷子になった韓国の財閥令嬢・セリを探していたシーンとその時のセリフ、 “今回は香りがするろうそくだ。合ってる?”をそのままラベルに書いたキャンドルです。

香りは、サンダルウッドとラベンダーをメインとした、何か秘密を隠しているようなエキゾチックな森をイメージ。不思議だけれど、どこか懐かしくて魅了されちゃいます。

キャンドルと一緒に、ジョンヒョックのイニシャル一文字をチャームにしたブレスレットも同封。まさに『愛の不時着』ファンにはたまらないコレクションです!

1年頑張った自分にアロマキャンドルの癒しを

人にも環境にもやさしい愛にあふれた「SCENT STUDIO W」のアロマキャンドルはいかがでしたか?

さまざまな場所や場面、モノにインスピレーションを受けたアロマキャンドルが豊富に揃っているので、今の気分に合ったアロマキャンドルが見つかるはず。

火を使う理由からキャンドルをこれまで使ってこなかった人も、電球の熱でキャンドルを溶かして香りを楽しむことができるキャンドルウォーマーというアイテムもあるので、この機会にアロマキャンドルデビューしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ1年頑張った自分を「SCENT STUDIO W」のアロマキャンドルで労わってあげてくださいね。

SCENT STUDIO Wオンラインストア
https://scentstudiow.thebase.in/

【関連記事】

「こんなキャンドルなら1度買ってみたい…」最近見つけたおすすめのブランド2つ、こっそり教えちゃいます♡
気に入ったキャンドルアートを自由に収穫!?代官山で「収穫できるキャンドルアート展」が12月22日からスタート
「Aesop」初のキャンドル製品がお目見え!繊細な灯りとほのかに漂い続ける香りで最高にリラックスできそう♡

関連記事