isuta

FASHIONマスクの中で肌荒れしちゃってない?この時期に気をつけたいスキンケアのポイントを伝授します◎

マスクの中で肌荒れしちゃってない?この時期に気をつけたいスキンケアのポイントを伝授します◎

FASHION

2020/11/24
machimachi


マスクの中で肌荒れしちゃってない?この時期に気をつけたいスキンケアのポイントを伝授します◎

illustration by machi

この記事のINDEX

外出する際の必須アイテムとなったマスク。マスクを長時間着けることで、肌荒れが起きやすくなったという声を多く聞くようになりました。

ただでさえ秋冬は、乾燥で肌の調子が崩れやすくなってしまう時期。今回は、そんな今の季節のスキンケアについてご紹介します♡

長時間マスクを着けている今はニキビに注意!

illustration by machi

マスクを長時間着けるようになったことで、「ニキビが増えた!」という声を多く聞くようになりました。

ニキビはそもそも毛穴に詰まった皮脂汚れに、アクネ菌が繁殖して炎症を起こしている状態です。菌が繁殖しやすい条件は、高温と高湿度。つまりマスクの中は、アクネ菌にとって最適な環境になってしまっているんです。

ニキビを防ぐためには、少しでもマスクの中の環境を整えることが必要になります◎

①マスクが触れる部分はファンデーションを塗らない

少しでもマスク内部の肌の負担を減らして、ニキビ予防に努めましょう!

②帰宅後は「手洗い・うがい」と合わせてクレンジングと水分補給ケア

どんな油でも、時間が経てば酸素と反応して酸化していきます。その酸化した油がアクネ菌の大好物の「過酸化脂質」。ノーファンデでも皮脂は出るので、その顔表面についた皮脂は時間が経つと酸化してアクネ菌の繁殖に繋がります。

なるべく早めに皮脂汚れを取るのが大切なので、帰宅したらメイクを落としてあげましょう♪

また、水分不足もニキビの大敵。クレンジング後は、ニキビ予防も兼ねた水分補給のパックケアもおすすめです♡

③とにかくニキビは触らない・つぶさない

どれだけ予防していても、ある日突然ポツっとできてしまうニキビ。できてしまった以上、次に気にしてほしいのは「ニキビ跡」です。

肌質によってはニキビを潰すことでクレーターになってしまうときもあるし、潰して一見きれいに治ったように見えても、肌のダメージは奥底に残って将来のシミになることも。

気になってしまうけれど、将来の美肌のために、とにかく触らない・つぶさないことを心がけてください!

乾燥が気になる人は“クレンジング”を変えてみる?

illustration by machi

乾燥対策というと、しっとりタイプの化粧水や乳液に変えたり、美容液やクリームをプラスしたりと“塗るスキンケア”に重点を置きがち。それでも乾燥が気になるという方は、クレンジングを変えてみるのがおすすめです♡

クレンジングを選ぶときに“メイクの落ち具合”を基準にする人が多いですが、その日の肌やメイクの状態、季節によって使い分けてあげると、驚くほどに肌が変化してくれることも。

C'BON(シーボン)の「フェイシャリスト トリートメントマセ」は、圧倒的な保湿力が推しポイント。入手しづらいアイテムではありますが、これを使ったとは肌がモチモチになるんです♪

セブンイレブンで購入できるPara Do(パラドゥ)の「スキンケアクレンジング ミルク状メイク落とし」は、しっとりとした洗い上がり。数量限定でビッグサイズも販売されているので、気になっていた方はチェックしてみて♡

肌への摩擦を減らして、負担を軽減させたい方にはFANCL(ファンケル)の「マイルドクレンジング オイル」がおすすめ。よく落ちる上に肌がつっぱりにくいので、重宝しますよ♪

illustration by machi

今回はニキビ対策と、超個人的なおすすめクレンジングを3つご紹介しました。クレンジングも化粧水を選ぶのと同じように、どんな肌になりたいかをイメージしながら選んでみて♡

肌の調子が崩れがちな時期ですが、自分の肌に合わせたケアをして労ってあげてください♪

【関連記事】

有村架純ちゃんはまさに「ナチュラルメイク」のお手本!清楚でかわいい雰囲気を作るコツが盛りだくさんです♡
カラコン→裸眼も、もう怖くない!裸眼メイクが楽しくなるメイクテクニックやヒントを大公開しちゃいます♪
今さら聞けない“コンシーラー”の使い方をおさらい◎ 意外なポイントは「完璧に隠そうとしない」ことでした

関連記事