isuta

CULTURE東京・豊洲におしゃれすぎる本屋さんがあるって知ってた?暑い夏の隠れ家「SPBS TOYOSU」に行ってみて

東京・豊洲におしゃれすぎる本屋さんがあるって知ってた?暑い夏の隠れ家「SPBS TOYOSU」に行ってみて

CULTURE

2020/08/16
t-nagisanagisa


東京・豊洲におしゃれすぎる本屋さんがあるって知ってた?暑い夏の隠れ家「SPBS TOYOSU」に行ってみて

この記事のINDEX

暑さが厳しい季節になってきましたね!外で思いっきりはしゃげない今年は、涼しい場所でのんびり過ごすのはいかがですか?

そこで、今回は快適に過ごせて自分磨きもできる、この夏おすすめのスポットをご紹介します♩

おしゃれすぎる本屋さん「SPBS TOYOSU」

今回ご紹介するのは、「アーバンドック ららぽーと豊洲」の4Fにある「SPBS TOYOSU」。奥渋谷や渋谷スクランブルスクエア内にも店舗を展開する本屋さん「SPBS」の豊洲店なんです。

6月17日にオープンした「SPBS TOYOSU」は、本屋、カフェ、ワーキングスペースが一体となったハイブリッドなブックラウンジ。光が差す開放的な空間で、先鋭的な本や雑貨をおいしいドリンク&フードとともに堪能することができます。

時間を忘れて本の世界に没入できる癒し空間になっていますよ♩

店主セレクトの本がずらり!

白を基調にしたシンプルでスタイリッシュな内装には、幅広いジャンルの本がずらり。入口には雑誌や今話題の本などが展開されています。

中には一般流通していない、リトルプレスの雑誌も…!販売されている商品はすべて店主独自のセレクトなので、ここでしか出会えないものがたくさん見つかりますよ。

今話題の韓国エッセイも展開されています。韓国の本は、エッセイだけでなく文芸作品も置かれているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね◎

レイアウトにもこだわりが

正面右側にそびえる本棚にもたくさんの本が。この本棚のレジ側(左表面)は、仕事や勉強などに役立つ「オン」の本が、窓側(右表面)には趣味や暮らしに密着した「オフ」の本が並べられているのだとか!自分の知識を深めたいときにも、暮らしを豊かにしたいときにも活用できるものが厳選されています。

装丁のかわいい本がいっぱい!思わずジャケ買いしちゃいそうです…。

本格的なカフェスペースでリラックス

欲しい本が決まったら、本棚右奥のイートインスペースへ。テーブルやカウンター、そして屋外にはテラス席も用意されているんです!海沿いの風にあたりながら、本とお食事を楽しむ…そんな優雅な時間を過ごすこともできますよ。

カフェメニューもかなり本格的。コーヒーにはノルウェー・オスロを代表する「FUGLEN」で焙煎された豆が、紅茶にはアメリカ発のヘルシーブランド「Mighty Leaf」の茶葉が使われているんです。

レジ前にはお土産にぴったりなジュースやお菓子も販売されています◎

豆乳を使ったヘルシーな「自家製バナナドリンク」も絶品!フレッシュな味わいで、バナナの芳醇な甘みが濃厚に堪能できます。本屋さんでおいしいドリンク&フードが楽しめるなんて、贅沢すぎます…。

テレワークに嬉しいワーキングスペース

お店の一番奥はワーキングスペースになっています。1時間800円~で、誰でも利用可能です。

ワーキングスペース内にもクリエイティビティを刺激する本が並んでいるので、普段は思いつかない名案が浮かぶかも?課題を片付けたいときやテレワークにもおすすめです!

詳しいご利用料金等はこちらをご覧ください◎

こだわりの空間に癒されて♡

見どころ盛りだくさんのブックラウンジ「SPBS TOYOSU」。

この夏、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。

SPBS TOYOSU
公式サイト:shibuyabooks.co.jp/spbs_toyosu
〒135-0061 東京都江東区豊洲2-2-1 アーバンドックららぽーと豊洲 3 4F
TEL:03-6225-0540
営業時間:月~金  Open 8:00 / Close 21:00
     土日・祝 Open 10:00/Close 21:00
定休日:なし
※営業時間等に変更が発生する可能性がございます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

【関連記事】

「なんだか疲れたな…」と思ったら。ときめきと出会いの詰まった個性派本屋さんで気分をリセットできるかも
無印の本屋さん「MUJI BOOKS」って知ってる?他では手に入らない本にグッときちゃってハマりそうです…
【週末読書】丁寧な暮らしってどういうこと?読書の秋に読みたい4つの暮らしエッセイ教えます♡

関連記事