isuta

CULTURE【8/3〜8/9の運勢】8月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

【8/3〜8/9の運勢】8月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

CULTURE

2020/08/03
mashmediaisuta編集部


【8/3〜8/9の運勢】8月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

この記事のINDEX

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年下半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

異次元散歩気分

今週のおひつじ座は、慌ただしく流れゆく直線時間から、一寸だけでも垂直に脱け出していくような星回り

絶えず生成変化するこの世の時間の轟轟とした力強い流れの中にあってなお、私たちは時にいつの間にかそこから脱け出して、非常に深くて静かな場所に到達することがあります。

哲学者のハンナ・アレントは、精神が到達するそうした領域のことを「非時(ときじく)の小道」と呼び、そこでこそ哲学する精神は生きているのだと考えました。とはいえ「非時の小道」を歩むのはなにも哲学的思索ばかりではなく、芸術やスポーツ、遊びを通して、私たちは人生を通してたびたびそこへと訪れているように思います。

今週のあなたもまた、ここのところ見失っていた生のまったき瞬間、時々刻々が新しい創造であるという感覚を味わっていきやすいでしょう。

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

ずっきゅんエントロピー

今週のおうし座は、小さな自分がより大きな何かに包まれていくのを感じていくような星回り。

俳句における「踊り」と言えば、それは盆踊りのことを指します。同じリズムの中でみなが一緒になって体を動かすうちに、だんだん疲れて、自分と他者との境界がほぐれ合って一体となっていく。その気持ちよさはある種独特のものがあります。

一方で、みずからにまといつく数多の業は、その眼が醒めていれば醒めているほどに淋しく悲しい。その淋しさ悲しさは、昂ぶる心に身を任せることでかろうじて癒されていくのです。

今週のあなたもまた、自分のなかの淋しさ悲しさを癒すために必要な「輪」がどこにあるのかを、改めて痛感していくことでしょう。

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

毒花で花束を

今週のふたご座は、小さくても触れれば感電するような存在たらんとしていくような星回り。

誰かに何かを贈呈しようという場において、狭い心は厭(いと)わしいもの。花束を贈るのに善人でなければならないという条件がある訳でもありませんし、むしろ古来より美しい花には毒はつきものだった訳で、渡す相手の死を誘うための花束だってなかったはずがないのです。

それが咲いても実を結ばない徒花(あだばな)であったとしても、自分ひとりで膨れあがっているより、手向けにした方が余程いい。それがほんの一刺しになるのか、それとも大いに元気づける結果となるか、賭けてみるのも一興でしょう。

だから、それが好奇心に毛が生えたものであれ、長年の思慕であれ、へたに抑え込むのではなく、自分が注ぎ込めるものがあるのなら、もう躊躇しないこと。今週はそんな風に、いつも以上に自分をさらけ出す勇気と積極性とを発揮していくことができるはず。

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

そろそろ生まれ変わるぞい

今週のかに座は、みずからの弱さを誤魔化さず表し分かち合うことで、危機を生き抜びるための力を生み出していくような星回り。

「暁やうまれて蟬のうすみどり」(篠田悌二郎)という句では、新しい一日が今まさに始まらんとしていく聖なる時間に、うすみどりの蟬が殻を脱いだ様子が詠まれています。

おそらく作者の眼には、その光景は一つの弱さの告白であり、再起の表明として映ったのではないでしょうか。幼虫としての生を終え、蝉として新たな生を得ていかんとする「うすみどり」の存在に、きっと作者は自身の青春の一時期を重ねたに違いありません。

今週のあなたもまた、自身の逃れられない運命に向かって一線を超えるための一歩を踏み出していきたいところです。

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

詩的な賭け事

今週のしし座は、「あなた」への決死の呼びかけを行っていくような星回り。

心から貴重だと思えるものや関係が、同時にひどく傷つきやすく失われやすいということは、一般的なイメージとは異なり、実際には本当にいいことであるように思います。

なぜなら、傷つき失われゆくということこそが、そのものが確かに存在していたということの一番のしるし(痕跡)となり、美しいものを美しいと、切実に感じさせてくれるから。今週のしし座は、この世という仮の宿は、行くも帰るもひとりなのだということを改めて感じていくでしょう。

しかし、それはただ寂しい現実としてそうなのではなく、永遠なるものを受けとったり、それに返信したりしていくための契機。あなたには、そうした感覚を思い出すチャンスが訪れているのだと知ってください。

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

GOTO真っ白な空ろ

今週のおとめ座は、自分の中で習慣化していた考えやイメージをかき消していくような星回り。

「頭の中で白い夏野となつてゐる」(高屋窓秋)という句は、頭の中で何かが白い夏野になっていると詠まれていますが、その「何か」が何なのかは示されていません。

作者による自注によれば、白い原稿用紙の真ん中に「白い夏野」とだけ書いて、一週間見続けたとのこと。本当かはわかりませんが、そうしたエピソードも込みで「頭が真っ白になる」という追体験が、読者に及ぼす強い観念的影響力を持つ句であることは間違いないでしょう。

近代の俳句は風景を客観的に写生する写生主義から始まったとされますが、作者はそうした従来の慣習や姿勢そのものを真っ白に塗りつぶしたかったのかもしれません。今週のあなたもまた、これまで無意識に従ってきた習慣や考え方をいかに正し、どこまで自分なりのスタイルへと整えていけるかが問われていくでしょう。

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

生き様としての開花と吐息

今週のてんびん座は、論理的思考の枠を超えたところで、思いの丈をぶちまけていこうとするような星回り。

ひとつの季節には、つねに前の季節の“残滓(ざんし)”や“ぶり返し”があり、次の季節の“予兆”や“前触れ”が見出されるもの。しかし人間が勝手にこしらえた基準を外せば、それらはみな“自然”な出来事なのかもしれません。

それは花に限らず、人の一生についても同じ。遅咲きの大器晩成だとか早熟の天才など分かりやすいレッテルを貼ってみたり、「歳相応」という架空の概念を信じこむことで、自分を安心させようと無理しがちなのではないでしょうか。

たとえ季節外れであっても、咲こうとしている花ならば咲かせてあげるのが自然なことであり、それは人間側の“正しさ”を超えたところで現実とかならず調和しているのだとも言えます。あなたもまた、そうした“正しさ”の呪縛をふりほどいたところで、エモーショナルなものをどれだけ爆発させていけるかがテーマとなっていくでしょう。

今週のさそり座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

魔法の杖となる

今週のさそり座は、自分の拠りどころにスーッと光が当たっていくような星回り。

「日光月光すずしさの杖いつぱん」(黒田杏子)という句では、昼は日の光のなかを、夜は月の光のなかを、涼しげな杖一本だけを頼りにひたすら厳しい夏の旅路を歩いていく巡礼者の姿が詠まれています。

日光月光とは、天の光源であるばかりでなく、衆生の疾病を治癒して災禍を消去してくれる薬師如来の脇侍(わきじ)であり、三体でワンセットの薬師三尊。旅をすることで杖に薬師如来の自在な神通力が宿っていくため、はじめは頼るものが「杖いっぽん」で心もとないと感じていたものが、次第にその存在が大きく頼りがいのあるものに感じてくるのです。

「すずしさの杖」とは、そうして神気に貫かれた身体そのものの比喩とも言えるでしょう。今週のあなたもまた、身体をなじませ一体化していくことのできるような、確かな拠りどころを見定めていきたいところです。

今週のいて座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

とりあえず歩き出すこと

今週のいて座は、最初の1ステップ目をまさに始めていかんとするような星回り

アメリカの神話学者ジョセフ・キャンベルは世界中の英雄伝説を調べあげた上で、大半の英雄神話に共通する「セパレーション(分離と出発)」「イニシエーション(試練)」そして「リターン(帰還)」という三段階のパターンを突き止めました。

まず予期していなかった意外な出発点と未知の国への旅立ち&別れがあり、その途中でさまざまな試練に遭い、仲間やヒントを得ながらなんとかそれを乗り越えると、今度はその国に留まることを勧められ、しかし最後には故郷の国へと戻っていくという物語パターンを持っているのです。

今のいて座の場合、特に最初の「セパレーション」において、既存の文脈から切り離されていくステップと現在の自分の置かれている状況とを照らし合わせてみるといいでしょう。今週のあなたもまた、自分がいつの間にか“境界線”を超えつつあること気が付いていくかもしれません。

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

得体の知れない自分がここに

今週のやぎ座は、みずからをどこかで不思議な生きもののように感じていくような星回り。

「自分という個人がいかに優れているか」ということよりも、もっと価値があること、大切なことに気付いていくことがテーマになっているのだと言えます。それはあなたが社会のノイズにまみれる以前に、漠然と抱いていた思いや欲求でもあったり、何か誰かから受け取ったものであるかもしれません。

いずれにせよ、なにか具体的な成果を画策したりといったことより、これまであまり自分と関連付けてこなかった全体の動き―例えば生物の陸上への進出などに対して、何らかの自分との「繋がり」を感じ、自分なりの手応えや確信を強めていくことが肝要です。

今週は、空間的にも、時間的にも発想のスケールを拡大してみるといいでしょう。かえってその方が自分に対してより深く愛着を覚えられるはずです。

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

可能性の家をたてる

今週のみずがめ座は、既存の労働倫理への、ささやかな抵抗を試みていくような星回り。

嘘と真実のはざまにあるようなフィクションを、みずからの現実と地続きのものとして感じられているかどうかを、改めて問われていくことになるでしょう。

その際、周囲や社会の期待に応えるためにする演技よりも、自分の本当の気持ちに正直でいられる場所を選ぶこと。例えば、生前はほとんど誰にも知られず、死後になって初めて詩人として栄誉を受けたエミリー・ディキンスンは、それを自分の部屋を持つこと、そしてそこで詩を書くことを通じて行っていきました。

詩は、彼女にとって「散文よりもすてきな家」であり大きな可能性を秘めたものである一方で、新しい可能性への挑戦の場でもあったのです。今週のあなたもまた、まずは人目につかないところで、ささやかでありつつも偉大な挑戦を思いきり試みていきたいところ。

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

軽くなるためのリセット期間

今週のうお座は、「本来いるべき場所ではないところに自分が置かれている」といった感覚が強まっていくような星回り。

それはまるで「洗面器の底に西瓜の種一つ」(篠崎央子)という句のよう。西瓜(すいか)の種は、ふつう洗面器の底には付くことはありません。つまりあるべき本来の居場所ではない場所に存在している異物であり、境界線を生きるディアスポラ(故郷喪失者)なのです。

しかし、なぜ、どうやって、いつから、種はそこにあったのか。自分が気付いていなかっただけで、もしかしたらずっと以前からそこにあったのかも知れませんし、もしかしたら、それらしい理由や経緯なんか存在しないのかもしれません。

その意味で、掲句は何の疑問も持たずに日常に埋没しきっている生活者に、根源的な存在感覚に付随する不安を呼び覚ます目覚まし時計のようなものなのだと言えます。あなたもまた、そんな種のように、できるだけ慣れ親しんだ日常から離れた自分ひとりの静かな時間や場所を確保してリセットを図っていくといいでしょう。

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

【関連記事】

【心理テスト】部屋の状態でわかる!恋愛の失敗を防ぐためにあなたが注意するべきことを診断♡
彼の中の私の優先順位が低い気がする...。どうしたら今の状況を改善できますか?【恋する女の子のためのお悩み相談室】
【8月前半の恋愛運】自分らしさを貫きたいエネルギーが強まるとき。まーささんが贈る12星座の恋愛占いをチェック♡

関連記事