isuta

CULTURE【5/25〜5/31の運勢】5月最終週の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

【5/25〜5/31の運勢】5月最終週の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

CULTURE

2020/05/25
mashmediaisuta編集部


【5/25〜5/31の運勢】5月最終週の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

この記事のINDEX

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

今週のおひつじ座の運勢 

illustration by ニシイズミユカ

何で私は「年寄る」べきか

今週のおひつじ座は、「自分なりの仕事の流儀を再確認していくような星回り」。

ノーベル文学賞受賞作家でもあるW.B.イエィツは、「集中力がなくなってしまう」「カタツムリのように物凄くゆっくりとしたペースでしか仕事ができない」という2つの理由から、規則的に仕事をすることを大切にしていたといいます。

彼が仕事の仕方において優れていたのは、まさにこの区別にあり、これと決めた核心的な仕事だけに自分なりの流儀を厳しく適用していったわけです。

今週のあなたは、どの仕事に対してどんな自分なりの「流儀」を持つのか、改めてアップデートしていくことがテーマとなっていきそう。

そして自分なりのケジメの付け方を貫徹していくためにも、真剣に向き合うべきものに「年寄る」ための孤独な時間を整え、確保していくといいでしょう。

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

覇気を放つ

今週のおうし座は、「はかなげな情愛を覇気が突き破っていくような星回り」。

俳人・石橋秀野は病気により39歳の若さで亡くなってしまいましたが、その病床において自身の俳句を一段高い領域へと昇華していった人でもありました。

「更衣鼻垂れ餓鬼のよく育つ」という句では、置かれた状況を面白がっていて、本来の気性の激しさがよく表れているように思います。

どこかでさびしさを引きずりつつも、自分の死を突き放して受け止め、そこに感傷主義を持ち込ませないだけの覇気を放っているのです。

今週のあなたもまた、自分自身を出し切っていくために、どこまで自分を追い込めるかが問われていきそうです。

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

対話する喜び

今週のふたご座は、「自分自身の行為について哲学していくような星回り」。

哲学の本質とは、ある問題に対する唯一の解答を見つけることではなく、個において問いそのものを深めていくこと。

行いはしばしば思考を裏切ります。口では高い理想を語っている人間が、他方でそれにまったく反する行動を取っていることはそう珍しくないわけですが、これは行いがおそらく深層意識的なものだから。

単に時代に流されるだけでなく、自分なりの言葉でものを考え続けていく足場こそ確保していきたいところです。

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

存在が響きあうとき

今週のかに座は、「これぞという相手との交流に没頭していくような星回り」。

恥も外聞もかなぐり捨てて、これと心に決めた相手や対象に働きかけていくことがテーマとなっていくでしょう。

私たちは、しばしば自分の怒りや寂しさ、コントロール欲を隠したまま、無理やり笑顔を作って誰かと手を取り合おうとしますが、それは“人は強くあれるし、自分はそうあらねばいけない”という価値観の裏返しなのではないでしょうか。

逆に、互いの弱さを受け入れ、それを自然と自らの秘めた悲しさやつらさを誰か何かと共有することができたとき、精神的な拠り所が開けてくるのだと思います。

人は弱い、だからこそ繋がり得る。そんなことを今週は大切にしていきたいところです。

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

シンジとブッダのはざまで

今週のしし座は、「やかましい言葉よりも、美しい沈黙にこそ身を浸していくような星回り」。

アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のなかで特に象徴的だったのは、主人公の碇シンジと綾波レイが、生物兵器エヴァンゲリオンに搭乗するために地下基地に降りていく場面でした。

どこまでも降りていくことによって開かれてくるもの。それは、どうしようもないほどの無明感情であり、エヴァ的に言えば「堕天使の哀しみ」の感情なのだとも言えるかもしれません。

今週のあなたもまた、いたずらに言葉を重ねこねくり回すかわりに、不要不急な言葉はなるべく伏せて、それらの背後にある根本的な感覚をこそ深めていきたいところです。

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

精神の純潔ということ

今週のおとめ座は、「自分なりの生き方を追求していかんとするような星回り」。

戦後の混乱期に彗星のように現れ、「娼婦俳人」などと揶揄されながらも一瞬のうちに人々を惹きつけた俳人・鈴木しづ子は、「夏みかん酸つぱしいまさら純潔など」という句を詠みました。

「純潔など」という表現は、誰に何を言われようともこれが自分の生き方なのだ、という力強い主張が無言のうちに込められているように感じられます。

彼女は世間から「堕ちた女」というイメージを強く重ねられていたからこそ、「純潔」という言葉にこだわっていたのかも知れません。つまり、純潔というのは肉体より、むしろ精神のそれの方が大切なのだ、と。

今週のあなたは、受け身から自発的な働きかけへと、いかに転じることができるかを問われていくことになっていくでしょう。

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

神話のかけらと無用物

今週のてんびん座は、「役に立たないと思われているものが、実際は大きな役割を果たしていることに思い至っていくような星回り」。

中国古典『荘子』のあるエピソードでは、「役に立つかどうかを確かめ、有用性を求めるのは確かに一つの知性のあり方だが、一方で人々はみな有用なものが役に立つことはわかっていても、無用なものが役に立つことを知らない」と語られています。

「有用性」とか「役に立つ」か否かに基づく知というものが、どうしても偏ったものになってしまいがちで、時代や社会や文脈に応じて変化していくものだということに警鐘を鳴らしているわけです。

今週のあなたもまた、短期的な視点や目先の利益を追うだけの価値観からできるだけ距離を取っていくことがテーマとなってくるはず。

今週のさそり座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

気持ちが流れるままに

今週のさそり座は、「あさっての方角にある未来に引っ張られていくような星回り」。

物理的にであれ精神的なものであれ、遠くへ行くことができるのは、それ自体ひとつの才能なのだといえます。

そして水のサインであるさそり座の場合、その成否を分けるのは、どれくらい思い切ってこれまで貯め込んてきた感情の堰を切ってしまえるか、否かです。

言い換えれば、そうやって感情に流され、イメージが飛躍していくのも一つの爆発力の発揮であり、そうである以上はそれを利用していけばいいということ。

今週は、自分が我慢してきたことや、表に表すことができずにきたことを思い切って解き放っていくのにも、ちょうどいいタイミングと言えるかも知れません。

今週のいて座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

もっとうろうろしていこう

今週のいて座は、「現実を右クリックするための回路を開いていくような星回り」。

スマートフォンの登場によって失われてしまった機能のひとつに、マウスの右クリックが挙げられるのではないでしょうか。

「検索」でとりあえず意味を調べたり、「ソースを表示」でその裏側や台本を盗み見、「ファイルを保存」で少しだけイケナイ気持ちになったり。さまざまなコマンドを開ける右クリックは、その操作だけでどこか気持ちが昂ぶったものですし、言い方を変えれば、そこにはどこか効率や最適化とは別の“情緒”がありました。

今週のあなたもまた、いつのまにか自分が切り捨ててしまった失われたコマンドを改めて呼び出し、かつてあった情緒を温めていくことがテーマとなってくるはずです。

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

世界観をズラす

今週のやぎ座は、「今までになかった発想に開かれていくような星回り」。

自分がはまり込んでいた常識や経験知、時代性の限界をひょいと一つ乗り越えていけるかどうかが問われていきます。

あるいは、しばらくの間あなたの中で停止していたものが、今にわかに動き出し、開花しつつあるでしょう。それにあたって、あなたは物の見方や世界観を再起動させていくのに最適なやり方や、きっかけを見つけていこうとしているのだともいえます。

たとえまったく同じ行為をしたとしても、場が変わればまったくの別物になってしまうように、今週のやぎ座は、自分の周囲に広がっているどんな場所、どんな視野から力を借りていくかによって、これからどんな自分になっていくのかを占おうとしているのかもしれません。

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

赤子回帰

今週のみずがめ座は、「欠如を満たすということに、意識と身体を向けていくような星回り」。

吉野弘の「生命とは」という詩は、人間はどんなにがんばっても一人では絶対に生きていけないのだという、黒黒とした実感に満ちています。

厳しく慎ましやかな欠如への自覚と、実り豊かな享受の喜びとが見事に同居している精神性が宿っており、生命における“欠如の原理”がいきいきとした流動体のようになって詩人に注ぎ込まれているようです。

今週のあなたもまた、理屈ではなく体感としてこの世はじつに“関係だらけ”なのだという真実に直面していくことでしょう。

二度と失いたくないと心から思えるものは何か、今週はきちんと心に問いかけさせすれば、それがはっきりと浮かび上がってくるでしょう。

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

必要な変化は奇蹟か、美か

今週のうお座は、「自分の中の別の顔へとバトンを渡していくような星回り」。

誰でも進化の袋小路に入り込んでしまうことはありますが、ただそこからさらに自分で自分の首をしめていくようなケースについては(大抵はそうと知らずに)、はっきりと間違っていると言わなければなりません。

ベイトソンによると、そうした間違いの元は「奇跡の希求」なのだといいます。救世主であれ、降霊術であれ、「奇跡とは物質主義者の考える物質主義的脱出法に他ならない」のであり、そうした安易な誘惑にのることは誤った試みなのです。

奇蹟ではなく、醜を含んだ美をこそ求め、自分を変化させていくこと。今週はそんなことを頭の隅において過ごしてみてください。

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

【関連記事】

【心理テスト】この恋を絶対に実らせたいあなたへ。今の恋愛で“必要なこと”を心理テストで診断♩
好きな人から告白された!でも彼には彼女が…諦めるにはどうしたらいい?【恋する女の子のためのお悩み相談室】
【5月後半の恋愛運】“現状を見直す”ことが大切になりそう。まーささんが贈る12星座の恋愛占いをチェック♡

関連記事