isuta

FOOD5月25日はプリンの日。Café&Meal MUJIの人気メニュー「本和香糖の焼きプリン」を実際に作ってみました♩

5月25日はプリンの日。Café&Meal MUJIの人気メニュー「本和香糖の焼きプリン」を実際に作ってみました♩

FOOD

2020/05/25
Yu Yoshida


5月25日はプリンの日。Café&Meal MUJIの人気メニュー「本和香糖の焼きプリン」を実際に作ってみました♩

この記事のINDEX

長引く外出自粛期間。「おうちカフェが流行っているけど、なかなか自分でスイーツを作るまでは踏み切れない…」なんて方もいますよね。

そんな中、先日「Café&Meal MUJI」の人気メニューである本和香糖の焼きプリンの再現レシピが公開されたんです!

早速レシピを元に実際に作ってみましたよ♩

材料はすぐに揃えられるものばかり

用意する材料はこちら。

◆材料(100㏄のプリン型 4個分)
【カラメル用】
本和香糖 45g
水 小さじ3
加熱後に加える水 小さじ3

【プリン用】
本和香糖 70g
牛乳 210cc
生クリーム 30cc
全卵Sサイズ 3個(120g)

いつものプリンとは一味違った和風な味わいが魅力のこちらのプリン。

味の決め手となる本和香糖は沖縄県産のさとうきびが原料の黒糖です。

スーパーでも手に入れられるので探してみてくださいね。

まずはカラメルソースから

生地に取り掛かる前に、カラメルソースを作っていきます♩

① 本和香糖と水を鍋に入れ、中火で混ぜながら温める。

② 全体が濃いあめ色になり、粘り気が出てきたら火から降ろし、残りの水を加えてソースを伸ばしていく。
カラメルソースはこれで完成!型に流し入れ、冷蔵庫で冷やします♪

プリン生地を作っている間だけ15分ほど冷やせばOKです。

なめらかプリンのコツはしっかりこすこと◎

次にプリン生地を作っていきます♩

① 卵以外の材料を鍋に入れ中火で火にかける。
ここでのポイントは沸騰させないこと!熱すぎるとあとで卵と混ぜた時に卵が固まってしまうので、湯気が漂うくらいまででOK◎

② 全卵をしっかりほぐし、①を少しずつ入れてよく混ぜる。
先にほぐした卵をザルでこしておくとなめらかになりますよ♡

③ ②をザルでこし、表面の泡を取り除いたら、プリン型に生地を流し込む。
目安は型の9割ほど。気泡が入らないようそーっと注ぐのがポイントです◎

④ プリン型をバットに並べ、バットに45℃くらいのお湯を注ぐ。
型が8割ほど浸かるまで注ぎます。底が深いバットがない方は、グラタン用の耐熱容器などでも代用可能です!

⑤ 150℃に温めたオーブンで45分蒸し焼きにする。
竹串やつまようじを刺して何もついてこなければOK◎

⑥ 常温で粗熱をとったあと、冷蔵庫で1時間ほど冷やす。

焼き上がるとこのような色になります。おいしそう…♡

黒糖の甘さが絶妙♡

1時間冷やして完成したプリンがこちら!

本和香糖の深い甘みが口の中に広がる、とてもおいしいプリンができました♡

ミルクやコーヒーと一緒に楽しむのがおすすめです。甘いのが苦手な方は、本和香糖を少なくしてもよいかもしれません◎

初心者でも簡単に作れます!

プリン生地を焼くまでの調理時間は30分ほど。

材料も少なく、料理初心者でも簡単にお店の味が再現できちゃいます!

ぜひおうちカフェのお供に作ってみてください♩

【関連記事】

日本茶ソムリエがプロデュース。日本茶×ハーブのブレンドティーでおうち時間をアップグレードしてみない?
マックにスタバ、パラサイトのあのメニューまで。おうちでできる「再現レシピ」をまとめてみました♫
あの「ミスターチーズケーキ」がおうちで手づくりできちゃうなんて…♡気になる『基本のレシピ』を大公開!

関連記事