isuta

CULTURE【4/6〜4/12の運勢】4月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

【4/6〜4/12の運勢】4月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

CULTURE

2020/04/06
mashmediaisuta編集部


【4/6〜4/12の運勢】4月2週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

illustration by ニシイズミユカ

この記事のINDEX

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

今週のおひつじ座の運勢 

illustration by ニシイズミユカ

月光横溢

今週のおひつじ座は、「月光とともに他者への抑えきれない思いがあふれていくような星回り」。

これまで積み重ねてきた誰かへの思いに対してひとつの結果が突きつけられていくことでしょう。

また、まっすぐに人間の心魂に届く太陽の光と違い、あの世的なものに触れてしまうという意味で、危険な代物である月の光にあてられ、どこかヘンになってくる自分を発見していくかも知れません。

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

歩行とリズム

今週のおうし座は、「日常に隠れたリズムの中にこころの平穏を見出していくような星回り」。

ことさらに自己主張するのとは違う形で、自分なりの流儀を貫いていくことになっていくでしょう。

そして、徒歩には徒歩なりの思考があるということを、どうか思い出してみて下さい。普段よりもゆっくりと思考の流れや連続性を感じてみることで、「迅速性」や「効率」といった都市的な価値観からこぼれ落ちていたものが実感されてくるはずです。

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

呪いを落とす

今週のふたご座は、「自分と他者とをノンバイナリーに捉えていこうとするような星回り」。

0か1かといったバイナリー(二進法的)な見方を超えたところに自分を置いていけるかがテーマとなっていきそうです。

流れや雰囲気を一変させ、いのちを硬直させる呪縛を外していく技法として用いられている「祈り」のように、呪い(バイナリー的思考)を落とすためのものとして言葉を使っていくといいでしょう。

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

一個の疑問符となる

今週のかに座は、「注意を凝らしていながら、ゆっくりしている、そんな特別な平静さをまとっていくような星回り」。

目に見えないものを扱う占者や心理学者のように、いつもより一層深く落ち着いたまなざしを宿していきたいところ。

また、俳人の正岡子規のように、意識が極限まで冴えわたった状態を維持するのは常人にはなかなか難しいが、やってみる価値はあるはずです。

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

己を楽にして漂わせる

今週のしし座は、「自分自身をひとつの歌のように見なして解き放っていくような星回り」。

自分がいま周囲へ伝えていきたいことが何なのか、その輪郭や内容が日を追うごとに次第に明確になっていくはず。

しし座の人たちというのは、ときどき元気がなくなってくると、かに座的な無意識の同調圧力の中で息ができなくなってしまったり、ある種の仮死状態のようにお籠りしてしまうことがある。そんな時は、どの状況にあれど事態の克服と豊かさの感受を保証してくれる「息のコントロール」をしてほしいです。

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

建設的であるために

今週のおとめ座は、「自分にとっての「人間らしい生活」を再建させていくような星回り」

周囲との比較や世間一般の価値基準は脇におき、まず自分が価値を置いている生活上の需要から改めて充たしていきたいところです。

ローマの哲人セネカが述べているように、人生はみなが思っている以上に短くはないし、時間の使い方次第で相当のことができるが、自分の時間を生きていない者はその限りではない。

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

生命的なものの萌芽

今週のてんびん座は、「これまで心の奥底にしまいこんでいて思いが一気に表出していくような星回り」

自分で思っていたのとは違う姿をみずからの中に見出していくことになりそうです。

また、ドフトエフスキーの大長編小説『カラマーゾフの兄弟』から、人間の複雑さに対する、ドフトエフスキーの厳しくも優しい眼差しを感じられるように、願わくば今週は、自分自身にそうした詩人的な眼差しを向けてほしいです。

今週のさそり座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

忘却と想起

今週のさそり座は、「ああこんなこともあったっけと不意に忘れていた人生の一場面を思い出していくような星回り」。

さながら自分の人生を舞台裏からのぞいていくように、普段あまり思い出すこともない記憶が自然と引き出されていきやすいはず。

そして、孤独に自分と寄り添い向き合っていく時間の中で、時間をかけて研ぎ澄まされ、育まれるものの力を再認識していくことになるかも知れません。

今週のいて座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

書き換わりつつある私の感覚

今週のいて座は、「きちんと自己を相対化しつつ時局と向き合っていくような星回り」。

世相や情勢に流されない冷静なまなざしを自己に向けつつ、少し先のことまで視界を広げていくことがテーマとなっていきそうです。

また、ふつう人は自分の人生が破綻することを不幸なことだと思っていますが、人生を中長期的に捉えていくとき、不幸と真実はコインの裏表のようなものだということに気が付いてくるはず。喪失を経験していくとき、そこから本当の意味で人生は始まっていくのだということを心に刻んでいきたいところ。

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

精神の暗黒舞踏

今週のやぎ座は、「浮こうとしても浮きえない自らの性(さが)を改めて自覚していくような星回り」。

火急の事態への必死の抵抗を試みるべくみずからを「足摺り」させていくべし。

「足摺り」を繰り返せば、必ずその先で地獄下りへと繋がっていきますが、それでもなお、エリアーデのように明晰な意志をもって臨んでいきたいし、それらを乗り越え得る者であらんと念じて、精神の力を奮い起こしてみてほしいです。この人間界も地獄なのだと、はっきり意識することで。

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

勝負服をまとう

今週のみずがめ座は、「中身とカタチが繋がり直していくような星回り」。

自分の信念に即した形式や現実へと自然と回帰していきやすいでしょう。

男であれ女であれ、周囲や世の中に着させられている人と、服を着ることそのものを楽しんでいる人というのはやはり違いが出るもの。今週はまとうイメージや着る服ひとつにしても、どこまで確信犯的になれるかが鋭く問われていくタイミングなのです。

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

仕事の着手

今週のうお座は、「『神をたてる』ということの門前に立っていくような星回り」。

みずからが溶けあい一体化していくに値する態度や信仰を改めて見定めていきたいところです。

シモーヌ・ヴェイユが『重力と恩寵』で言っている「重力」とは、物体の重力にも似た心の惰性的で功利的な働きのこと。それに対し「恩寵」とは、心の単なる自然的な働きを超えたもの(=光)を指し、リルケの言う「神をたてる」仕事とも深く関係していくのです。どちらを選ぶべきか、今週のうお座にとっての分水嶺となっていくはず。

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

【関連記事】

【心理テスト】あなたの勝負リップは何色?デートにしていくリップでわかるおすすめの“恋愛テクニック”
【4月前半の恋愛運】心がざわつく今。恋愛運はどうなる?まーささんが贈る12星座の恋愛占いをチェック♡
私たちに今できる応援のカタチってなんだろう…?様々な企業が行う「食」に関する支援の取り組みを紹介します

関連記事