isuta

CULTURE【3/30〜4/5の運勢】新年度がはじまる4月の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

【3/30〜4/5の運勢】新年度がはじまる4月の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

CULTURE

2020/03/30
mashmediaisuta編集部


【3/30〜4/5の運勢】新年度がはじまる4月の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

illustration by ニシイズミユカ

この記事のINDEX

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2020年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

今週のおひつじ座の運勢 

illustration by ニシイズミユカ

舞台に立つ

今週のおひつじ座は、「ただ漫然と立つのではなく、自分が他ならぬ自分として立つことを意識していくような星回り」。

自分が立つべき場所について改めて考え、そして実際に行動していくことができるかどうかが問われていきそうです。

また、演技と素顔の境い目がなくなってしまうようなところから、自ら流れを変えていくような爆発的な力強さがどこからか湧いてくるかも知れないので、いつでも始められるよう心してください。

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

野を駆け行く吾

今週のおうし座は、「固くなって立ち止まっていないで生き生きと駆けていくような星回り」。

「吾も春の野に下り立てば紫に」(星野立子)の作者のごとく、自分を絶えざる成長と変化の中に走らせていく感覚を大切にしていきたいところ。

生きるということは絶えず「バック・トュー・ザ・フューチャー(後ろ向きの前進)」。その意味で、おうし座の人たちにとって改めて幸せの在り処が過去にではなく、未来からやってくるものなのだと思い直し、「引っ越し」していくタイミングなのです。

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

ボタンの掛け違いを糺す

今週のふたご座は、「人生の棚卸しをしつつ今なすべき仕事をきちんと特定していこうとするような星回り」。

これまで培ってきた知識や経験に基づき、自己卑下にも自我肥大にもならない形で、自分なりの生存計画を立て直していきたいところ。

「棚卸し」は、自分が何を捨てるべきかを忘れてしまったり、もっとタチが悪くなると、何を忘れたのかさえ思い出せなくなる前に行っていくべし。

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

正しくなんてなくていい

今週のかに座は、「まだよく価値が定まっていないものこそを大切にしていくような星回り」。

自分にとっての「かげろふ」を見出すなかで、自画像そのものを書き換えていくことが一つのテーマとなっていくでしょう。

また、絶えずまじめとふまじめを自由に行き来し、「動機を作り出し続ける」べくモチベーションを引きあげていくことが大事。特に、不純な動機は燃費が良いので、それらを自身に、または周囲に対し上手に作っていけるかどうかが今週のキモとなっていきそうです。

今週のしし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

夕映えの水面の上で

今週のしし座は、「水底からの問いかけに耳を澄ましていくような星回り」。

老境に達した詩人のように、ふとしたきっかけから無知という自身の無明をひらいていくことができるかも知れません。

無心にボートを漕いだ日の夕暮れ時に、水底に沈んだ過去から死を呼びかわす静かな時間に身を浸していくかのように、今週は日々を過ごすと良さそうです。

今週のおとめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

夢を仕込むということ

今週のおとめ座は、「お金よりも大切なことのために進んで投資していくような星回り」。

自分にとって何が「宝」かを見定めた上で、相応の代償を払ってそれをみずからの手に受け取っていけるかどうかが試されていくでしょう。

はかなさこそ夢の醍醐味。お金を払えばいつでも見たい夢が見れてしまうようになったら、あまりに味気なく、つまらない。その意味で「意識的なコントロールを外す」がポイントになってきます。余韻が残るほどに非現実的な夢を無意識の中に仕込んでいく。今はそれくらいのつもりで過ごしてみてほしいです。

今週のてんびん座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

鑿を打ち込む

今週のてんびん座は、「ツッコミを必要としていない人たちにそっとツッコミを入れていくような星回り」。

現実性を欠いた言葉や論理(それは得てして強力である)にいかに対抗していけるか、村上のようにしなやかにツッコミを入れていけるかが問われていくことになりそうです。

中国の伝奇小説『水滸伝』に出てくる宋江(そうこう)は、語りかけるように紡いだ檄文や、「替天行道(天に替わって道を行う)」の旗が、おそらく聞く耳を持たない人たちへの"ツッコミ”であった。そうした彼の姿勢が、今週のてんびん座にとって、少なからず参考になりそう。

今週のさそり座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

風船と星座

今週のさそり座は、「やっと自分のもとに訪れた何かを全身で応えていこうとするような星回り」。

それまで鬱屈していたり縮こまっていたりしていたものが、のびのびとくつろいでいきそう。そんな"仰向き”の姿勢を作ってみることで、自然と何を天高く掲げていくべきかが見えてくるでしょう。

そして、自分や誰かをつなげ、結んでいくような縫い糸のごとき縁の流れを、自然と目で追い、確かめていくことになるはず。

今週のいて座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

無念無想を極める

今週のいて座は、「自分をからっぽにして一個の楽器のようになっていくような星回り」。

無念無想していくための枠や照れ隠しのための仮面を自分に与えてみるといいでしょう。

また、私的な愉しみのために必要とされる半径数メートルの日常を、どこまでも掘っていくような、静かで深い愉悦の感覚にすっかり支配されていくような時間を大切にしてください。

今週のやぎ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

連絡船としての関係性

今週のやぎ座は、「身近なものへのまなざしをじっくりと温めていくような星回り」。

改めて自分が向き合うべき他者やそのリアリティーを取り戻していきたいところ。

ただ、行ったり来たりすることそのものを楽しめるかどうか、それら航路で結ばれた島々全体を一つのアイデンティティーの下で愛せるかどうか。そこに今週のやぎ座の勘どころである「他者のリアリティー」が紐づいているのだと思ってみてほしいです。

今週のみずがめ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

取り残しとぶり返し

今週のみずがめ座は、「生命が一直線ではなく枝葉を広げるように進化してきた中で、取り残されてしまった"思い”をすくいあげていこうとするような星回り」。

自分が人間社会に対していかに貢献し、何をするべきで、何をすべきでないか、改めて見つめ直していくといいでしょう。

また、運気の流れにおける"反省のきっかけ”というは、出てくること自体に必然性があります。"恐れ"が開いたときは、風邪をひいたのだと思って、ひと段落するまで慌てず落ち着いて時間を取り、自然に任せましょう。

今週のうお座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

カオス湧く春

今週のうお座は、「自分でも訳の分からない大胆不敵さを発揮していくような星回り」。

自分の中になにか別種の生命が宿り、それが躍動していくさまを少なからず実感していくことになるでしょう。

ひらめきを何かしら明日へと生かしていけるかどうかを分けるのは、そういうほんのちょっとした在り方の違いに他ならないので、今週のうお座はそこを少なからず試されていくはずです。

占い師さんに今年の運勢を占ってもらえる♩

今週の運勢と、自分の星座の性格占いはどうでしたか?

文章だけではなくて「占い師さんに直接占ってもらいたい!」「私の話を聞いてほしい」という人は、LINEで気軽に使える「LINEトーク占い」でやりとりしてみてはいかがでしょうか。

凄腕の占い師さんや、あなたにぴったりの占い師さんに、初回10分は無料で占ってもらえます♩

友だちには話づらいお悩み、ちょっと背中を押してほしい時などにぜひ!

【関連記事】

バイト先の先輩とデートがしたい!職場で活躍することが恋の扉を開く鍵なんです♡【恋する女の子のためのお悩み相談室】
【心理テスト】新生活スタート!モテ期を呼び込むためにあなたがするべき“イメチェン方法”を診断します♡
【3月後半の恋愛運】上半期の中でも変化の著しいとき。まーささんが贈る12星座の恋愛占いをチェック♡

関連記事