isuta

FASHIONリップ至上主義はやめました。2020年春はついつい見ちゃう【スパイシー春メイク】にチャレンジしたい♡

リップ至上主義はやめました。2020年春はついつい見ちゃう【スパイシー春メイク】にチャレンジしたい♡

FASHION

2020/01/28
machimachi


リップ至上主義はやめました。2020年春はついつい見ちゃう【スパイシー春メイク】にチャレンジしたい♡

illustration by machi

この記事のINDEX

春になると何となく気持ちがふわふわしてきて、メイクも軽やかなものにしたくなりすよね♡

今回は、今年の春にぜひチャレンジしてみてほしいおすすめアイメイクをご紹介します。

ピュアでスパイシーな目元に

illustration by machi

ピュアな可愛いさに少しスパイシーさを感じるメイクがおすすめです。

ポイントは3つ。

▽パステルカラーはハズせない
▽ラメグラデを攻略せよ
▽アイライナー、マスカラは定番ブラックから卒業する
 

今年は特に、メイクの中心ポイントが口元から目元に変わると言われているので、そのあたりも注目しながら春メイクをしたいところ。

3つのポイントを攻略しよう♡

illustration by machi

(1)パステルカラーはハズせない

春といえばやっぱりパステルカラー。今年の春の新色もたくさんのブランドがパステルカラーのコスメに力を入れています。

でも、アイホール全体にパステルカラーを使うメイクはちょっと派手すぎる…となる人が多いのでは?

【パステルカラーのアイシャドウは、ポイントでライン使いがおすすめ】です。カラーアイライナーより柔らかな仕上がりなのに普段のメイクとは明らかな違いが出るんですよ♡

(2)ラメグラデを攻略せよ

韓国コスメのラメアイシャドウ、かわいいけれど実際には思ったように使いこなせないという方は、【ラメの縦グラデがおすすめ】です。

ラメアイシャドウは立体感を出すのが得意なので縦割りでグラデを作ります♡

アイシャドウの色選びのポイントは、膨張色か収縮色かでセレクトすると失敗が少ないですよ!

(3)アイライナー、マスカラは定番ブラックを卒業

いつものアイメイクのままでも、【アイライナーやマスカラをブラック以外の色にチェンジするだけでぐっと軽やか】になります。

ポイントは、アイシャドウより目立つ色にして印象的な目元にすること。全部が同じトーンだとアイメイクに締まりがなくなってしまうので気をつけて。

ちょっとクセになる魅力的な目元の完成

illustration by machi

かわいい色のアイシャドウをシャープなラインで入れてみたり、しっかりラメの効いたアイシャドウで印象的に仕上げたり。

この春はかわいいだけじゃない、ちょっとクセになるような魅力的な目元を目指してみては?

【関連記事】

たくさんのコスメたち、ありがとう。メイクライフを振り返りながらの小道具のケア、メイク断捨離はもうやった?
誰もが一度は通る「メイク盛りすぎ問題」。たまには“物足りない”くらいがちょうどいいかもね
今年のクリスマスは彼をドキッとさせる宣言。わたしの気分も盛り上がるホリデーデートメイクのHow To♡

関連記事