isuta

FASHION誰もが一度は通る「メイク盛りすぎ問題」。たまには“物足りない”くらいがちょうどいいかもね

誰もが一度は通る「メイク盛りすぎ問題」。たまには“物足りない”くらいがちょうどいいかもね

FASHION

2019/12/17
machimachi


誰もが一度は通る「メイク盛りすぎ問題」。たまには“物足りない”くらいがちょうどいいかもね

illustration by machi

この記事のINDEX

メイク好き女子なら一度は通ってしまうであろう「メイク盛りすぎ問題」。

今回は、そんなやりすぎ感を軽くする「物足りないを楽しむメイク」をご紹介します♡

まずは目元を“物足りなく”

illustration by machi

ネットの記事やSNSで新しいアイブロウやアイメイクのテクを見るとついつい試してみたくなりますが、実はそのアイメイク、前の盛りテクの上に更に重ねてしまっている事も…。

そうなると、濃すぎる目元になってしまって「なんだかやりたかったおしゃれ顔と違う」とアイメイク迷子になっちゃいます!

そんな時は、少しだけ“物足りなさ”をプラス。かなり印象が変わって、欲しかった抜け感やオシャレ感を見つけるキッカケになりますよ!

リップやチークは質感や重ねワザで新しい発見を

illustration by machi

リップやチークは、一度濃い色にハマると沼から抜けられなくなることが多いパーツです。

周りの人から「濃すぎない?」と言われてしまう前に一度、自分の目をリセットするのがおすすめです!

年に1〜2度、2〜3日ほどいつものメイクより少し控えめメイクで過ごしてみると、そっちのメイクに目が慣れて新しいメイクに挑戦しやすくなったり、案外そちらの方が周りから好評価だったりと、色んな発見があったりします♡

メイクの思い込みから抜け出して

illustration by machi

メイクは思い込みから抜け出せなくなると、気が付いた時には流行遅れのメイクになっている事はよくあることです。

たまには“物足りない"くらいを楽しんで、新しい自分とたくさん出会ってみてください♡

【関連記事】

今年のクリスマスは彼をドキッとさせる宣言。わたしの気分も盛り上がるホリデーデートメイクのHow To♡
アクセサリー、適当につけてない?揺れるタイプのピアスは髪型でバランスをとるのが正解らしい♡
休日は力を抜きたい、でもおしゃれ顔も譲れない。そんな日のリラックスメイクのポイントは主役色アイテムです♡

関連記事