isuta

FASHION美人度がアップする【中国メイク】って?派手すぎない日常編、特別な日の華やか編の使い分けがポイントです♡

美人度がアップする【中国メイク】って?派手すぎない日常編、特別な日の華やか編の使い分けがポイントです♡

FASHION

2019/10/29
machimachi


美人度がアップする【中国メイク】って?派手すぎない日常編、特別な日の華やか編の使い分けがポイントです♡

illustration by machi

この記事のINDEX

最近までメイクと言えば韓国メイクがメインでしたが、今メイク好きが気になるメイクといえば「中国メイク」ですよね。

韓国メイクとの違いがわかりにくい…という方に本当に簡単にお伝えすると「かわいくなりたいなら韓国メイク、美人になりたいなら中国メイク」という感じです。

とはいえ、私もまだまだ中国メイクは研究中なのでこれが正解とは言い切れないのですが、色んな美女たちを研究してきて、今の所の1番の違いはそこかな? と思います。

今回はそんな中国メイクや、中国メイクを取り入れた普段メイクをご紹介します♡

しっかり中国メイク

韓国メイクといえばストレートのふんわり太眉にマットリップは最早定番ですが、中国メイクの場合は、

★眉は、ハリウッドスターのような眉山のしっかりある長めの眉の方が多い
★リップは、マットよりツヤのあるタイプの方が多め

そして肌もツヤ感や生っぽさが今のトレンドですが、中国メイクはハーフマットが多いです。ハーフマットの方が大人っぽい仕上がりになるので、その辺が美女度を上げているのかも。

illustration by machi

アイシャドウで人気が高い色は、赤みのある色。これは日本も韓国も同じですが、中国メイクの場合、アイラインをしっかり入れて目元をキリッとさせている人が多い印象があります。

長めの眉に合わせて、アイラインも長めに。跳ね上げ過ぎないのがポイントですよ♡

普段メイクに“中国感”を取り入れるなら

illustration by machi

▷眉メイク
特徴である眉は絶対ハズせません! 思い切ってカッコ良く眉を描いてください。

▷アイシャドウ
目元はブラウン系のアイシャドウを使えば派手になりすぎず、目の形がアーモンド型になり美女度が上がります。

ラメやツヤ感は、中国メイクの場合だと範囲は少なめにするのがポイント。

仕上げにまぶたの中央にキラキラのラメをちょこんとつけてみたり、リップをツヤ感のあるものにしてみたり、頬の高い所だけツヤの出るチークを重ね塗りしてみたり。

美肌に見えるハーフマットな肌の質感を壊さない程度に、ラメやツヤをプラスするように意識してみてください♡

パーティシーンには華やかな中国メイクを

illustration by machi

華やかなドレスアップにも負けない美女メイクは、これからのパーティーシーズンにもばっちりです。ぜひトライしてみてください♡

関連記事