isuta

TRAVEL泊りがけの旅行はできなくても、いつもと違うお出かけがしたい...そんなあなたには仙台の日帰り旅がおすすめです♩

泊りがけの旅行はできなくても、いつもと違うお出かけがしたい...そんなあなたには仙台の日帰り旅がおすすめです♩

TRAVEL

2019/09/07
junjun


泊りがけの旅行はできなくても、いつもと違うお出かけがしたい...そんなあなたには仙台の日帰り旅がおすすめです♩

この記事のINDEX

お休みが続くこの時期は、いつもとは違うお出かけがしたくなる!

でも、久しぶりに集まる友人との食事会など、細かな予定が入り込むことも多く、お泊りの旅行は組めなくなっちゃうことも。

そこでおすすめしたいのが、新幹線で東京から約1時間半で行けちゃう東北一の都市「仙台」。

今回は、そんなアクセス抜群で気軽に行ける仙台の日帰り旅プランをご紹介します♩

観光のおともに!ずんだシェイク

仙台駅に着いたらまずチェックしたいのはずんだ茶寮の「ずんだシェイク」(写真はレギュラーサイズ290円)!

すりつぶした枝豆をあんこに用いた仙台名物のずんだをシェイクで味わえる仙台女子の定番グルメです♡

シェイクをテイクアウトして、片手に持ちながら観光へGO♩

仙台駅ずんだ小径店
住所 : 〒980-0021 仙台市青葉区中央1-1-1仙台駅3F
電話: 022-715-1081
営業時間 : テイクアウト 8:00~21:30 (喫茶は9:00~L.O.21:00 )
定休日:なし
HP:https://zundasaryo.com/

仙台の街並みを一望!解放感溢れる青葉山公園

仙台に来たら訪れたい観光スポットが、青葉山公園。

こちらはかつて仙台城があった跡地で、仙台藩初代藩主の伊達政宗の騎馬像がシンボルとして有名です。

また、青葉山公園は小高い山の上にあるので、仙台の街並みを一望できちゃいますよ!

夕暮れや夜に行くのもロマンチックでおすすめ。

開放的な景色を見たり、歴史を感じながらゆったりした時間を過ごしてくださいね☆

青葉山公園
住所:〒980-0863 宮城県仙台市青葉区川内追廻無番地(大町西公園駅から徒歩9分)
営業時間:終日開放
定休日:なし

商店街には仙台の名物グルメやレトロなカフェも!

少し小腹が空いてきたら仙台市中心部のながーい商店街で食べ歩きやお買い物を☆

商店街には屋根がついているので、雨の日や日差しが強い日でも問題なく観光を楽しめますよ!

食べ歩きのおすすめは阿部蒲鉾店の「ひょうたん揚げ」

イチオシは、かまぼこの老舗で有名な阿部蒲鉾店の「ひょうたん揚げ」(250円)です。

丸いかまぼこを生地と一緒にカリっと揚げてあるこちらは、おやつにぴったりの一品☆

食べ応え十分なので、他にもたくさん食べたい人はお友達とシェアすることをおすすめします!

ちなみに、「当り」が出たらもう1本サービス♡

運試ししながら楽しく食べてくださいね♩

阿部蒲鉾店本店
住所:〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2丁目3−18(青葉通一番町駅徒歩5分)
電話:022-221-7121
営業時間:10:00~19:00 
定休日:1月1日のみ
HP:https://www.abekama.co.jp/

疲れたらレトロかわいいカフェで休憩

商店街は非常に長く歩き続けるのは大変なのでカフェでひと休み♩

実はカフェの激戦区である仙台。商店街にも多くのおしゃれなカフェが集まっています。

なかでも、こちらの「キジトラ珈琲舎」は、レトロな雰囲気がとってもかわいいと話題のカフェなんです!

マスターのこだわりが詰まったコーヒーと、店内に流れるおしゃれな音楽でレトロな雰囲気を存分に堪能できますよ。

時がゆっくり流れるようで、つい長居してしまいそうになるほどの居心地の良さです♡

もちろんコーヒーも美味しいですが、夏の季節におすすめなメニューは甘酒アフォガード(コーヒーとセットで750円)♩

麹たっぷりの温かい甘酒をバニラアイスに少しずつかけながら食べます!

アイスの溶けた部分はトロトロで、そのまろやかさがコーヒーとの相性も抜群♡

キジトラ珈琲舎
住所:仙台市青葉区一番町2-7-3ベアービル5F(青葉通一番町駅徒歩2分)
電話:022-796-3933
営業時間:13:00~21:00
定休日:水曜日

時間に余裕がある人はインスタ映えスポット「仙台市天文台」へ

時間があったら、仙台観光の穴場「仙台市天文台」にも寄ってみてください!

館内はプラネタリウムを除けば基本的に写真撮影OK!

こんな素敵な写真が撮れる撮影スポットも用意されていますよ♩

また、ここに来たらぜひゲットしたいのは、こちらの「コズミックキャンディ」(250円)です。

空にかざしてこうやって写真を撮るととってもキレイ♡

ここは駅から遠いので、時間に余裕がある方へのおすすめです!

仙台市天文台
住所:〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
電話:022-391-1300
営業時間:9:00~17:00(土曜日は21:30まで営業しているが展示室は17:00まで)※いずれも最終入館は30分前
定休日:水曜日・第3火曜日と年末年始
入場料:一般600円(プラネタリウムも見る場合はセットで1000円)
HP:http://www.sendai-astro.jp/

夜ご飯におすすめなのは「ててて天」

仙台といえば牛タンですが、仙台は言わずと知れたグルメな街。

牛タンだけでなく、美味しいお料理が食べられるお店がたくさんあるんです!

おすすめは、天ぷら居酒屋「ててて天」。

ここでは、煮だし大根や数の子など他では中々食べられない天ぷらのネタが勢揃い!

飲み物は、仙台茶を使った仙台茶割がおすすめです!(写真は「香りの玉露割り」税別430円)

お茶の風味をしっかり感じられて、メイン料理の天ぷらにもぴったり♩

お酒が苦手な人はノンアルコールもあるのでぜひ注文してみてください。

お店の場所も仙台駅周辺と便利な立地なので新幹線の待ち時間にどうぞ♡

天ぷら酒場 ててて天 一番町店
住所:〒980-0811宮城県仙台市青葉区一番町2-5-6(青葉通一番町駅から徒歩2分)
電話:022-748-6122
営業時間:17:00~24:00
定休日:日曜日
HP:https://r.gnavi.co.jp/pgx0etk40000

いかがでしたか?

いかがでしたか?

ちなみに、今回かかった費用は東京からの交通費を合わせても約3万円。

高速バスを使えば交通費を往復で1万円以内におさえることもできますよ!

仙台には今回ご紹介した観光スポットの他にも魅力がたくさん詰まっています!

旅行とお出かけのちょうど真ん中を叶える仙台にあなたも足を運んでみては?

【関連記事】

かわいくなくちゃ意味がない♡東京都内&近郊のおすすめナイトプールまとめ【2019年版】
いまどき女子旅は宿が主役なんです♡2万円以下で泊まれる全国のおしゃれなホテルまとめました
旅行先での思い出記録、どうしてる?少しの間だけ使いたい一眼レフやGoProはちょい借りがおすすめ!

関連記事