isuta

FASHION秋カラーで“立体顔メイク”。ハイライトで抜け感を出しておしゃれ度もプラスしちゃおう♡

秋カラーで“立体顔メイク”。ハイライトで抜け感を出しておしゃれ度もプラスしちゃおう♡

FASHION

2018/10/09
machimachi


秋カラーで“立体顔メイク”。ハイライトで抜け感を出しておしゃれ度もプラスしちゃおう♡

illustlation by material_2014

この記事のINDEX

季節はすっかり秋です。メイクもファッションも秋を満喫されていますか?

四季の中でも、秋は特におしゃれが楽しい季節だから、メイクにも秋カラーをふんだんに使いたいもの♡

でも、メイクは色をのせるだけでは完成しません…。やっぱり「なりたい顔補正」が出来るのが、メイクの1番の醍醐味なのです

というわけで、今回は秋カラーを使ったメイクに立体感を出す方法をご案内です。

秋カラーは、普通につけるだけで“立体顔”になる

illustlation by material_2014

秋カラーといえば、ボルドーやカラシ色、ネイビーにカーキなどの深みのある濃い目の色がほとんどです。暖かみのある、トーンが重めの色は、アイメイクに使うのが最適です。

しかも嬉しいのが、アイシャドウの場合は秋カラーを使うと、普段通りの塗り方やグラデーションをするだけで、ホリの深さを出す事が出来るという点です。

なのでそもそも、ホリが深い顔立ちの方は逆に「濃過ぎる顔」になってしまうので要注意!

ホリが深い人は、アイラインやマスカラに秋カラーを使うとおしゃれ度が抜群に上がります。

おしゃれ度をプラスするならハイライトがポイント

秋カラーは深みのある色なので、使うだけでも立体感が出ます。

なので秋カラーを使って立体感を出す、なおかつ、おしゃれ度を出そうと思うなら、ポイントは“ハイライトで抜け感を出す”ことです! 

illustlation by material_2014

秋は乾燥も気になってくる季節なので、特に皮膚の薄い、目の周りはクリームタイプのハイライトがおすすめです♩

ただ秋カラーメイクの時は、色の特徴上、クリームタイプを使いすぎるとテカテカになり、“下品”な感じになってしまうことも

なので、顔の印象を決める『顔の中央』の眉間や鼻すじ、あご先はパウダータイプでふんわりと明るさをプラスするとバランスが取りやすいです。

また、流行のクリームタイプアイシャドウを使う場合も、ファンデーションやハイライトはパウダリーやシアーな仕上がりの方がバランスは取りやすいです!

デートの時はさりげなく秋っぽさを取り入れて♡

illustlation by material_2014

ちなみに「秋カラー」×「ツヤツヤ」の仕上がりは『カッコいいおしゃれメイク』になりがちなので、女子ウケは◎ですが、男性ウケはイマイチかも…

デートの場合は、アイカラーでさり気なく秋っぽさを取り入れるのがおすすめですよ♡

【関連記事】

秋にぴったりなネイビーカラーファッション。シックなイメージだからこそメイクはとびきり女性らしくが鉄則♡
なんだか野暮ったい?今のメイクを“垢抜けメイク”に変える2つの見直しポイント
子どもっぽいメイクからは卒業!大人な「美人顔」に見せるメイクのポイントは“直線”♡

関連記事