iPhone設定・使い方・Tips iOS5.1 アップデートエラー サーバーに繋がらないトラブルが解決するかも知れない方法

iOS5.1 アップデートエラー サーバーに繋がらないトラブルが解決するかも知れない方法

iPhone設定・使い方・Tips

ISUTA編集部(スマホ)



この2日間、自宅で全くiOS5.1のアップデートができませんでした。いつもの混雑だろうと思ってましたが、違う場所(会社)で試したら一発で終わりました。しかし自宅でやると上の画面。もう何百回見たか分かりません。 自分だけかと思って iPhone女史Facebookページ で質問してみたら同様の方が多数いらっしゃいました。解決法を探していたら「DNSを変更」で成功したという例が多数あったので試してみました。

まず、この方法ですが我が家のパターンであり100%解決するとは限りませんので、自己責任でお願いします。 ちなみに我が家では、1台の4Sと2台の4、1台のiPad2がこの方法で2日間のエラー呪縛から一発で解放されました。

iPhoneのDNSを変更する方法

設定>>Wi-Fi」と進みます。繋げているWi-Fiを選択します。

左の画面は、後で戻す時の場合に備えて念のためにスクリーンショット(右上ボタン+ホームボタン)を保存しておくことをおすすめします。

今回はGoogle DNSに変更しました。数字は「8.8.8.8,8.8.4.4(8が4つの後はコロン)」です。変更が終わったら左上のボタンで戻りましょう。

戻ると自動的に新しい設定で繋ぎ直します。
※Google DNSとはGoogleが提供している無料パブリックDNSサービスです。

【参考リンク】
Google、無料DNSサービス「Google Public DNS」発表 - ITmedia
Google DNSは通信速度が速くなるとか言われていますが、今回はiOSをアップデートしたい一心なので割愛します。

設定>>一般>>ソフトウェアアップデート」を試します。嘘みたいに繋がりました。無事アップデート完了。 同様のトラブルに苦しんでる方、一度試すといいかも知れません。DNSとか意味分からない設定変えたくないよーという方は、違う場所に行ってアップデートを試すのもいいと思います。

※追記 Google DNSでアップデート後、Siriが使えない場合があるようです。DNSを元に戻すことで解決したという情報いただきました。私はそのままで使えていますが。

今回はこちらの記事を参考にさせていただきました。
iOS 5.1を何度やってもダウンロードできないときは、DNSサーバを変更するといいかも | はっぴーまっくネット

【関連記事 】
iOS5.1アップデート公開|Siri日本語版、フォトストリーム削除、KDDI Facetime、iMessage、バッテリーバグなどに対応
iOS 5.1 Siri日本語版を早速試してみました!
Apple「Siri日本語版ページ」と「Siriよくある質問ページ」を公開


あなたにおすすめ