iPhone設定・使い方・Tips 【iOS 8】Safariで見ているWebページの続きをデバイスを変えても簡単に見られる!

【iOS 8】Safariで見ているWebページの続きをデバイスを変えても簡単に見られる!

iPhone設定・使い方・Tips

海老名 久美



たとえば、家でiPadのSafariでWebブラウジングをしていて見つけたパンケーキのお店のページ。ページをわざわざ保存しなくても、iPhoneのSafariで同じページに素早くアクセスすることができると、外出先で便利ですよね!

そんな機能が、iOS 8.1Mac OS X Yosemiteから、フルで使えるようになりました。

Handoff機能を使うための条件は、次のとおりです。

  • iOSデバイスには、iOS 8.1がインストールされていること
  • Macには、Mac OS X Yosemiteがインストールされていること
  • Handoff機能がオンになっていること
  • 同じApple IDでログインしていること

Handoff機能がオンになっているかどうかを確認するには、設定アプリから、[一般]→[Handoffと候補のApp]をタップします。

[Handoff]がオフになっている場合は、タップしてオンにしましょう。

では、Safariを起動してみましょう。

画面右下のアイコンをタップして、すべてのタブを表示させます。

すると、画面下部に、私が持っているiMacとiPadのSafariで開いているWebページの一覧が表示されています!

アクセスしたいサイト名をタップすれば、他のデバイスで開いていたWebページに、すぐにアクセスできます♬

もちろん、MacやiPadから見れば、iPhoneのSafariで開いているWebページが表示されます。

Chromeアプリなどでは実現されていた機能だったので、Safariでも使えるようになって、本当に便利になりました☆


あなたにおすすめ