アプリ 【メルスト部】その1。ガッツ!ガッツ!SP貯めてガッツをあげよう!!

【メルスト部】その1。ガッツ!ガッツ!SP貯めてガッツをあげよう!!

アプリ

ISUTA編集部(スマホ)



こんにちは!
毎度お馴染み、メルスト部のお時間ですよ~☆

え?メルスト部ってなに?とか、そもそも「その1」じゃん、とかのツッコミはなしの方向で♪

先日ご紹介した「メルスト」こと「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」がとてもおもしろいです。

AppStoreのランキングでも上位に入っていますが、やっぱり「かわいいは正義!」なんでしょうね~。

ただしこのゲーム、キャラはかわいいし操作はシンプルなんですが、システム的には意外と奥の深いところもあって、最初のうちは戸惑うシーンも少なくないかもしれません。

なので、バリバリの初心者である私が、同じく初心者の皆さんと一緒に「メルストのことを少しずつ学んでいくことを目指す部活」を立ち上げたいと思います!

でも、長くて呼びにくいから「メルスト部」で行きますね♪

バトルの基本はSP(シードピース)にあり!

さて、記念すべき(?)第1回は、SP(シードピース)について学んでいきましょう。

ゲーム内ではSPは癒しのエネルギーと説明されていますが、それだけではわかりにくいですよね。(^_^ゞ

具体的には、SPの用途は以下のとおりです。

  • ユニットを出撃させる
  • Guts(ガッツ)を上げる
  • シードモンスターを召喚する

とくに序盤で覚える必要があるのが、ユニットの出撃ガッツ上昇です。

ユニットのアイコンを見ると、「Guts」という項目と「Cost」という項目がありますね。
出撃前には、ガッツの項目は何も書かれていませんが、コストの項目に300だの350だのといった数字があります。
これが出撃コストになり、各ユニットを出撃させる際に消費するSPになるんです。

ちなみに、SPが不足していて出撃のコストに足りない場合、アイコンがグレーになってしまいます。
こうなると、SPが溜まるまでは出撃すらできないんですね。

SPはモンスターを癒すことで入手できるぞ!

では、肝心のSPはどうやって入手すればいいんでしょうか?

実は、出撃時にはすでにある程度のSPを持っています。
これにはユニットごとのボーナスSPやギルドボーナスなども関係するのですが、そのへんは先に進んでからにしましょう。

まずは、手持ちのSPでユニットを出撃させられるということだけ覚えておけばOKですっ!

最初のSPでユニットを出撃させたら、当然ながら残りのSPは減ってしまいます。
でも大丈夫!

モンスターを倒せば癒せば、癒しのエネルギーであるSPを補充することができるんです!
そういえば、倒すんじゃなくて、あくまで癒してるんでしたよね。(^_^ゞ

このときに、画面右下の「癒力」のレベルを上げておくと、入手できるSPの量が増えちゃいます!
ラッキー!と思ったら、癒力アップするのにもSPを消費するんですね~。(-_-)

ですが、序盤で癒力をアップしておくと、後半のWaveに進んだときに得られるSP量がだいぶ変わってきます。
なるべく早い段階で、一段階でも上げておくと後が楽かもしれませんね♪

ガッツを上げてユニットを一時的に強化しよう!

そして、出撃後はガッツをガッツンガッツンと上げてユニットを強化します。
わかりやすく言うならば、ガッツとは「そのクエストの間だけの一時的な強化レベル」のこと。

ユニットはガッツを上げるごとに

  • 体力上限が上昇する
  • 攻撃力が上昇する
  • 攻撃速度が上昇する
  • 体力が一定値だけ回復する

といった強化を受けられます。

では、どのタイミングでガッツを上げればいいんでしょうか?
これは、最終的には各自が好き好きに行えばOKだと思います。

ですが、慣れるまでは単純に「体力回復ボタン」だと考えるとやりやすいかもしれません。
ガッツを上げると、攻撃力などと同時に体力も回復されるわけですが、ここに注目して回復メインに捉えてみるわけです。

実際、私は最初のうちはそのやり方でガッツを上げていました。(^_^)

慣れてくると、

  • 出撃
  • 癒力アップ
  • ガッツ上昇

のタイミングについて、なんとなく自分の好みができてくると思いますよ~。
それを探りながらゲームを進めるのも楽しいのではないでしょうか。

では、今回はここまで!
次回まで、皆さんもメルストライフを楽しんでくださいねっ!!

【メルスト関連記事】
キャラとストーリーが超絶かわいい「メルクストーリア」──モンスターと一緒に癒されちゃおう♪

記事で紹介したアプリ

※販売価格はレビュー作成時のものなので、iTunes App Storeにてご確認くださるようお願いします☆


あなたにおすすめ