best websites of the world

pagetopPAGE TOP

テーブルから立ち上る炎の燃料は…ユーロ紙幣!?

0
8
0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
table too much?

デザイン家具というものは、ときに実用性よりも美やコンセプトが重視された、アート作品と変わらないものある。

そしてとうとう、“紙幣”を燃やすというコンセプトのデザイン・テーブルが出現した。

table too much?

「Too Much?」テーブルは、Amarist社とスペインのアーティスト、Alejandro Mongeさんがコラボして作った、本物のダイニングテーブルだ。

といっても、燃えているのは本当の紙幣ではない。

table too much?

Mongeさんが紙幣の柄を1枚1枚手書きし、彩色して作ったものを重ねて、樹脂で加工したものだ。

焦げている部分も、すべて手で色を塗っている。

table too much?

このアーティストの画力の高さがあってこそできたテーブルだ。

table too much?

炎はあくまで装飾であり、制御できるよう安全に作られているという。

部屋のなかで使うのはなかなか勇気がいるが、火をつけなくても“燃えた紙幣”のダイニングテーブルは、日常の空間を一気にアートな場にしてくれる、彫刻作品のようなものだ。

table too much?

購入も可能なようなので、気になる人はぜひ問い合わせてみて。

Amarist
http://www.amarist.com/portfolio/mesa-too-much/

0
8
0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注目の記事

SOCIALISE WITH ISUTAISUTAを購読する