best websites of the world

pagetopPAGE TOP

CULTURE

BADGEHOT

リアルすぎる!ハロウィン・カボチャアートで、実りの秋に乾杯

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
b99d93b0-74cc-45fe-8b03-2ed1a2b34061

ハロウィン・シーズンが到来!ハロウィンのシンボルと言えば、カボチャをくり抜いてつくったオレンジ色のちょうちん“ジャック・オ・ランタン”だが、アメリカの彫刻家・Ray Villafane(レイ・ヴィラファーネ)氏がつくり上げる超絶技巧のカボチャアートが、「今にも動き出しそう!」と世界中で話題を呼んでいる。
villafanestudios1
villafanestudios2
普段はおもちゃメーカーへの作品提供や砂の彫刻づくりを仕事にしているRay Villafane氏。ニューヨークのビジュアル・アーツ・スクールを卒業後、教師として子どもの芸術指導に従事し、当初このカボチャアートは生徒との共同プロジェクトから始まったのだという。

毎年、生徒の親からの数々のリクエストに応えるうちに、地元のホテルやレストランへ提供するようになった。プロの彫刻家として脚光を浴びたのは、2007年に開催されたカボチャの祭典「the Food Network’s Challenge Show」での大賞経験。以降、カボチャ彫刻家の第一人者として、アメリカ・ホワイトハウスでのハロウィンパーティーや世界各国での展覧会にと忙しい日々を送っている。
villafanestudios5
villafanestudios3

今年も9月から10月にかけて、アラスカやドイツ、スイス、アメリカ各州でRay Villafane氏のイベントが目白押し。今季の新しい取り組みとして、カボチャの代わりにイボ状の深緑色または灰青色の皮をもつティアドロップ型のhubbard squash(ハバードスクワッシュ)を素材として使用しているのが特徴。色のグラデーションで立体的に、オレンジ色に寒色が混ざることでよりクールに見えると高い評価を得た。

同氏が所属するVillafane Studiosのホームページでは、カボチャアートを含む、彼の砂やおもちゃの作品も鑑賞可能。10月23日から27日まではハワイ・オアフ島で行われるカービングフェスティバルへも出品予定。バカンスもかねて、一度間近で見てみたい。
(Villafane Studios)

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注目の記事

SOCIALISE WITH ISUTAISUTAを購読する